弦交換の方法は人によって、やり方が微妙に違うものです。大まかな基本は変わらないものの、その人の拘りや癖が出ることもあります。最初はどの弦交換の方法が合うか分からないので、色んな弦交換の方法を参考にしてください。以下に説明する弦交換の方法は、およそシンプルなものかと思います。

弦の外し方

弦がユルまる方向
弦がユルまる方向を表した写真

ペグを反時計回り

先ずは弦をユルめて外すための、ペグの回し方を確認しておきます。ペグを反時計回りに回すと弦がユルまり、つまりは音が下がるわけです。当然ですがペグが時計回りだと、弦がシまり音は高くなります。

逆の場合もある

弦がユルまるペグの方向と、弦がシまるペグの方向が逆の場合があります。古いクラシックギターで極稀に見られることですが、一応は自分のギターでも確認しておきましょう。

ニッパーで弦を切る
ニッパーで弦を切っている写真

ニッパーは必需品?

弦交換の必需品と言えるのがニッパーです。弦を十分にユルめた後、適当な所で弦をニッパーで切ってやると、弦を外すのも楽になります。プロ仕様のニッパーでなくても、100円ショップで売っているようなニッパーで十分です。ニッパーは弦を張り終えた時にも必要になります。

ニッパーの注意事項

正常にチューニングされた状態で弦をニッパーで切ると、弦が弾き飛び非常に危険です。なので、ニッパーで弦を切る時は必ず弦を十分にユルめてから切るようにしてください。

短く切り分けた弦
短く切り分けた弦の写真

弦の処理

弦は意外と嵩張るので、ニッパーで短く切り分け処理すると良いでしょう。クラシックギターで扱う弦は1・2・3弦はナイロン、4・5・6弦は金属なので、各地方自治体の決まりに従い処理してください。

弦交換は1本ずつ?

6本の弦が正常にチューニングされている時が、ネックと弦が釣り合い正常な状態です。なので、弦交換は1本ずつ張り替えるのが正しいと言う人もいます。それには納得ですが、ネックに大きな異常は見られなかったことと、指板の掃除をしたいという理由で、僕は全ての弦を外してから弦交換をしています。

指板の掃除

オレンジオイルとクロス
オレンジオイルとクロスの写真

オレンジオイルで掃除

弦を全て外し終えたら、指板の掃除をしておきましょう。楽器専用のクロスで指板を拭くだけでも良いですが、汚れがひどい時はオレンジオイルを使います。クロスにオレンジオイルを浸してから、指板を磨いてやると良いでしょう。クロスはオレンジオイル専用と、乾拭き専用とで分けておくと良いでしょう。

綿棒で指板を掃除
綿棒にオレンジオイルを浸して指板を掃除している写真

綿棒にオレンジオイル

指板とフレットの境目は、クロスだけで拭き取れないこともあります。そういう時は綿棒にオレンジオイルを浸し、指板とフレットの隙間を磨くと良いでしょう。出来れば綿棒は先端がしっかりとした、なるべく繊維が取れにくい上質な綿棒が良いです。

オイルの賛否両論

オイルはオレンジオイルの他、レモンオイルなどもありますが、このオイルで指板や木製部分を磨くと、ギターの寿命を縮めてしまうという人もいます。僕の使っているクラシックギターは、そう高価なものではないのでオイルを使っていますが、高価なギターの場合は購入先の楽器店で相談してください。

弦の付け方(ブリッジ編)

ブリッジの穴へ
6弦をヘッド側からブリッジの穴へ差し込んだ写真

ヘッド側から弦を差す

新しい弦はヘッド側から、ブリッジの穴へと差し込んでいきます。上記の写真は6弦をヘッド側から、ブリッジの穴へ差し込み終わった状態です。

弦を曲げる
弦の先端から指3本分の所を直角に曲げた写真

弦を直角に曲げる

弦の先端から指3本分くらいの所を曲げて、直角の折り目をつけてやりましょう。この写真よりも、もっと極端に直角の折り目をつけてやっても良いでしょう。

弦の輪
弦で輪を作った写真

弦で輪を作る

弦で輪を作ってやりましょう。この輪の中に弦の先端を通すことになります。

弦を通す
弦の先端を弦の輪に通している写真

弦の輪に通す

先述した通り、弦で作った輪の中に6弦の先端を通してやると、上記の写真のようになると思います。

ブリッジの側面
弦の直角の折り目をブリッジの側面に押し当てている写真

弦の直角とブリッジ側面

先ほど曲げた弦の直角の折り目を、ブリッジの表面ではなく側面に押し当ててやります。ギターのボディを爪で傷つけてしまわないように、クロスなどでカバーしておくのも良いでしょう。

弦を引っ張る
ヘッド側から弦を引っ張って弦の結び目が出来た写真

直角の折り目を挟む

先ほどの状態から弦を引っ張ると、ブリッジに写真のような結び目が出来ると思います。直角の折り目がブリッジ側面と弦で、出来る限り挟まれるようにします。5弦と4弦もブリッジへの結び方は6弦と同じです。

3弦とブリッジ
3弦を弦の輪の中へ弦の先端を1回通した状態の写真

3弦も輪の中へ

今度は3弦をヘッド側からブリッジの穴へ通し、指3本分あたりを直角に曲げ、弦で作った輪の中に先端を通した所までが上記の写真で、ここまでは6・5・4弦と同じです。

弦の輪へ2回通す
3弦を弦の輪の中へ弦の先端を2回通した写真

ナイロン弦は2回

金属弦の6・5・4弦は輪の中に1回通すだけでしたが、ナイロン弦の3・2・1弦は外れやすいので、弦の輪の中に2回通してやるのが一般的です。弦の輪の中に2回通してやると、上記の写真のようになると思います。

弦の結び目
金属弦とナイロン弦の結び目の写真

弦の結び目

綺麗なものではないですが、ブリッジに作られる弦の結び目は、上記の写真のようになると思います。弦に遊びがないか、直角に折った部分の弦がブリッジの側面に挟まれているか、弦を乗せているブリッジがずれていないか、などを確認しておきましょう。

弦の付け方(ヘッド編)

  • 6弦
  • 5弦
  • 4弦
  • 3弦
  • 2弦
  • 1弦
  • 6弦のブリッジの溝とペグ穴の位置を説明した写真
  • 5弦のブリッジの溝とペグ穴の位置を説明した写真
  • 4弦のブリッジの溝とペグ穴の位置を説明した写真
  • 3弦のブリッジの溝とペグ穴の位置を説明した写真
  • 2弦のブリッジの溝とペグ穴の位置を説明した写真
  • 1弦のブリッジの溝とペグ穴の位置を説明した写真

ブリッジ溝とペグ穴

6弦のブリッジ溝から真っ直ぐ線を引くと、ペグ穴より左に来るので、弦の巻き目を左側に作ります。同じように、5弦の巻き目は右側、4弦の巻き目は右側、3弦の巻き目は左側、2弦の巻き目は左側、1弦の巻き目は右側に作ります。

チューニングの安定

ブリッジ溝に近い方へ弦の巻き目を作ると、チューニングがより安定すると言われています。以下もその通りに説明していますが、これも絶対的な事ではないので、弦の巻き目が左右のどちらに作られても、それほど気にすることもないかと思います。また、失敗してもやり直すことも可能です。

6弦をペグ穴へ
6弦を真上からペグ穴に通した写真

ペグ穴に最後まで通す

ペグ穴を真上へ向けた状態で、6弦をペグ穴に最後まで通してやりましょう。この時は弦を力いっぱい張って伸ばす必要はありませんが、遊びが出ない程度に軽くピーンと伸ばしておきましょう。

弦を引っ張り上げる
6弦を引っ張り上げている写真

右側へ通す

今度は弦を引っ張り上げますが、通しておいた弦を中央の線と考え、それの右側へ通して弦を引っ張り上げます。これは先ほど説明した、弦の巻き目を左側に作るためです。

弦を潜らせる
6弦の先端を通しておいた弦の下へ潜らせている写真

弦の先端を潜らせる

弦の先端を通して張っておいた弦の、下を潜らせ引っ張ってやりましょう。そうしてやると、1回分のネジレが出来上がります。

弦のネジレ
6弦の先端を通しておいた弦の下へ潜らせている写真

3回分のネジレを作る

先ほどと同じ作業を全部で3回行い、弦のネジレを3回分作って、引っ張っている状態が上記の写真です。この状態でペグを巻いていきますが、なるべく弦に遊びが出ないよう、強く引っ張りながら巻いてください。かなり大変で力のいる作業です。

弦の巻き目
6弦の巻き目が左側にある写真

弦の巻き目が左側

写真のように、弦の巻き目が左側へ作られるには、指での調節も多少は必要になってくるはずです。弦の巻き目のスキマも、なるべく無くすようにすると良いでしょう。6弦がピンと真っ直ぐに張られてきたら、一旦ペグを回すのを終わります。続いて5弦の巻き方を、サクサクっと見ていきましょう。

  • 5弦をペグ穴に通し引っ張り上げた写真
  • 5弦を1回だけ潜らせた写真
  • 5弦のネジレを3回作った写真
  • 5弦の巻き目が右側に作られた写真

5弦の巻き方

  • ① 5弦は右側に巻き目を作るので、左側へ弦の先端を引っ張り上げます。
  • ② 5弦の先端を下へ潜らせます。これを合計で3回繰り返します。
  • ③ 3回分のネジレを作り、強く引っ張りながらペグを時計回りに回します。
  • ④ 弦の巻き目が右側に作られているのが分かります。

同じ要領で4・3・2・1弦も、弦巻へ付けてみましょう。例え弦を張り終えた時点で失敗が見つかっても、弦を切っていなければ十分にやり直せるので、思い切って強気な気持ちで挑戦してみてください。

余分な弦を切る

  • 切る前
  • 切り後
  • ヘッド側の余分な弦を切る前の写真
  • ヘッド側の6弦の余分な弦を切ったアップの写真

ヘッド側の余分な弦

弦はジャストサイズではないので、余分な弦を切る必要があります。先ずはヘッド側の余分な弦ですが、弦巻のギリギリの所を切ると外れてしまうかもしれないので、もう一枚の写真のように、1cmほど余らせて切っておきましょう。

弦を直ぐには切らない

弦巻に弦を巻き終えてから、直ぐに弦を切ってしまうのは止めておきましょう。弦に遊びがあった時にペグを回していくと、ビュンと音をたてて外れてしまうことがあります。弦が外れてしまっても、弦を切らないでおいたら、再び付け直すことも可能です。それぞれのペグを少しずつ回してチューニングしていき、音が合う所まできたら切っても良いでしょう。僕は心配性なので、弦を翌日切るようにしています。

  • 切る前
  • 切り後
  • ブリッジ側の余分な弦を切る前の写真
  • ブリッジ側の余分な弦を切った後の写真

ブリッジ側の余分な弦

次はブリッジ側の余分な弦を切ります。特に注意してほしいのが、余分な弦がボディに触れていると、弦を弾いた時にジリジリとノイズが発生してしまいます。なので切った後の写真のように、余分な弦がボディに触れない所を切りましょう。

自分に合う弦交換

これで一通りの弦交換は終わりですが、このサイト以外にも良い弦交換はあると思います。youtubeでもクラシックギターの弦交換は幾つかアップされているので参考にし、自分に合う弦交換の方法を見つけてください。

このページのまとめ
  • ペグを反時計回りで弦はユルむ。
  • ニッパーは弦交換の必需品。
  • 弦交換の方法は一通りに非ず。