クラシックギターに限らずですが、楽器を弾く上で欠かせない付属品というのが幾つかあります。それらクラシックギターの付属品を、最初から欠かせない付属品と、後から揃えても十分だという付属品とに分けて見ていきましょう。

最初から必要な付属品

クラシックギターの弦
クラシックギター弦の画像

弦は消耗品

クラシックギターの弦は6・5・4弦が金属製、3・2・1弦がナイロン製です。長くても3ヶ月に1度は弦を交換しないと、正確な音程に不具合が生じます。値段は千円ほどの弦であれば十分です。

クリップ式チューナー
クリップ式チューナーの画像

チューナーは便利

チューニングの方法は幾つかありますが、最も便利なのがチューナーで、チューナーの中でもクリップ式チューナーが、クラシックギターには最良かと思います。

クロス
クロスの画像

クロスでギターを拭く

ハンドタオルやティッシュで拭いてしまうと、特に弦には繊維が付いてしまうので、専用のクロスを使った方が良いです。また弦を演奏後に拭いておくと、寿命が驚くほど違ってきます。

ギタースタンド
ギタースタンドの画像

ギタースタンドで安全

やはりギターの安全を考えれば、ギターを立てて置いておく、ギタースタンドを1本は持っておきたいです。ギタースタンドにも種類がありますが、先ずは安いもので十分でしょう。

後からで良い付属品

足台
足台の画像

足台で弾き易く

椅子に座って演奏する時は、どちらかの足を足台に乗せて弾くと、かなり演奏が楽になります。僕が初心者の頃は足台の代用品として、新聞や雑誌を重ねて使っていましたが、それでも十分でした。

カポタスト
カポタストの画像

カポで押えやすく

略してカポと言われるカポタストは、簡単にいうとキーを変更したり、コードを楽に押えられる付属品です。そのうちカポを必要とする曲も出てきますが、最初からは必要ないかと思います。

メトロノーム
メトロノームの画像

メトロノームで正確タイム

正確なタイムを刻んでくれるのがメトロノームで、上手いギタリストの必需品です。買うならアナログタイプがお勧めですが、デジタルタイプならスマホアプリでも、代用品がたくさん出ています。

譜面台
譜面台の画像

譜面台で体勢を楽に

特に座って弾く時ですが、床に譜面を置きながらの演奏だと、首や肩に負担が掛かります。譜面を見る機会が多くなってきたら、譜面台も揃えておきましょう。

ストリングワインダー
ストリングワインダーの画像

ストリングワインダーはペグに

主に弦交換の時に、ペグにつけて回すのがストリングワインダーです。あれば便利ですが、手でも十分にペグは回せるので、あったら使う程度で良いかと思います。

レモンオイル
レモンオイルの画像

オイルで掃除

ギターの木製部分を磨く時につけるオイルで、レモンオイルやオレンジオイルなどがあります。オイルをつけてギターを磨くと、ギター全体の寿命が縮まるということも言われています。

潤滑スプレー
潤滑スプレーの画像

潤滑スプレーは弦に

潤滑スプレーを弦にかけると、指との摩擦軽減やサビ防止にもなりますが、好き嫌いが大きく分かれる付属品です。指板にはスプレーしない人もいるようです。

付属品も人それぞれ

以上が僕の考えるクラシックギターの、最初から必要な付属品と、後から揃えても十分に間に合う付属です。付属品は演奏スタイルや、好みによっても左右されるかと思います。

このページのまとめ
  • クラシックギターの付属品は必要ないものもある。