ギターも色々な部品・パーツが組み合わさって、1本のギターが作られています。それらギターの部品名・パーツ名は英語名だけのものや、日本語名が付けられているものもあります。日本語名と英語名の部品名・パーツ名を見比べながら、それらの働きも簡単に見ていきましょう。

クラシックギターの部品名・パーツ名を記した画像

ギター上部の各名称

ヘッド
クラシックギターのヘッドの写真

ヘッドは頭

ギターを立たせた時に、一番上に位置する部分を全体的にヘッドと言います。ヘッド部分には以下に説明する、他の部品が取り付けられています。

弦倉(いとぐら)
クラシックギターの弦倉(いとぐら)の写真

弦倉に弦を巻く

矢印の部分を弦倉(いとぐら)と言い、弦を通す穴が開いています。弦倉や弦を通す穴を英語名では、ストリングスポストと言います。

弦巻(いとまき)
クラシックギターの弦巻(いとまき)の写真

弦巻でチューニング

これもヘッドにあるネジのような部品を、弦巻(いとまき)と言います。弦巻を回すと弦倉も回り、それによりチューニングが出来る仕組みです。弦巻の英語名はペグです。

上駒(かみごま)
クラシックギターの上駒(かみごま)の写真

上駒に弦を嵌める

弦を安定させるために上駒(かみごま)には溝が掘ってあり、弦交換の時には上駒の溝に弦を嵌めこんでやります。上駒の英語名はナットと言います。

ギター中部の各名称

ネック
クラシックギターのネックの写真

ネックは曲がる

ギターの細長い部分を総称してネックと言います。ネックは室温・湿気・乾燥に敏感で、少しずつ曲がるのが普通です。ネックの曲がりが酷すぎると、正確な音程が出せなくなります。

フレット
クラシックギターのフレットの写真

フレットで正確な音

弦を押さえた時に弦が当たる部品が、金属で出来たフレットです。このフレットのおかげで、正確な音が出せるようになっています。

指板(しばん)
クラシックギターの指板(しばん)の写真

指板も汚れる

フレットが打ち込まれている部分を、指板(しばん)と言います。指板にも汚れが溜まるので、特に弦交換の時は拭いておきましょう。指板の英語名はフィンガーボードです。

ギター下部の各名称

表面板(ひょうめんばん)
クラシックギターの表面板(ひょうめんばん)の写真

表面板は打楽器

見た目もギターの顔と言える部分を、表面板(ひょうめんばん)と言います。表面板を手で叩き、打楽器としても使われることも多々あります。英語名ではボディです。

側面板
クラシックギターの側面板(そくめんばん)の写真

側面板を太ももへ

これもギターのボディで、綺麗なクビレの部分を側面板(そくめんばん)と言います。太ももへ片方の側面板を乗せ演奏する、というのがオーソドックスです。

サウンドホール
クラシックギターのサウンドホールの写真

サウンドホールはスピーカー

表面板に大きく開いている穴を、サウンドホールと言います。ボディ内部で響いた音を外に伝える、スピーカーのような役割を果たしています。

駒(こま)
クラシックギターの駒(こま)の写真

駒で弦を固定

弦を固定させる部分を駒(こま)と言います。駒の一部分には穴が開いており、弦交換の時は先ずそこに弦を通します。駒の英語名はブリッジと言います。

サドルを削って弦高を低く

弦が乗る駒の部分は取り外しが可能です。このパーツを英語でサドルと言いますが、サドルの弦が乗る部分とは反対側を削り、弦高(げんこう)を低く出来ます。弦高とは弦の高さのことで、弦高が高すぎると弦を押さえるのが大変な場合があります。サドルは紙やすりで削ると良いでしょう。

このページのまとめ
  • クラシックギターの部品・パーツは和名と洋名がある。
  • 弦倉は「いとぐら」と呼ぶ。
  • 弦巻は「いとまき」と呼ぶ。