ギターの開放弦を一定の音に合わせることをチューニングと言い、それを日本語では調弦(ちょうげん)と言います。日本でも調弦と言うよりチューニングと言う方が多いですが、調弦という音楽用語も覚えておくようにしましょう。調弦・チューニングの必須アイテムから見ていきましょう。

チューナーについて

クリップ式チューナー
クリップ式チューナーの写真

チューナーで調弦

調弦を簡単に行えるのがチューナーという機械です。チューナーにも色んな種類がありますが、クラシックギターで最も良いのが、上記の写真でも見られるクリップ式チューナーです。これはクラシックギター初心者にとって、かなり重要なアイテムだと思ってください。

ヘッドに挟むチューナー
クリップ式チューナーをヘッドに挟んでいる写真

チューナーの使い方

クリップ式チューナーの使い方は非常に簡単で、先ずはギターのヘッドに挟んでやります。チューナーのスイッチを入れてから各弦の開放弦を鳴らしてやると、その振動をチューナーが拾い合わせる音を教えてくれます。クリップ式チューナーの場合、大抵はそのままギターのヘッドに挟んだままです。

アプリでも調弦

最近は調弦の出来るスマホアプリもありますが、音で調弦するため雑音の多い場所では難しいです。また性能も少し劣るので、スマホアプリでの調弦はチューナーの予備、という考えが良いと思います。

スタンダードチューニング

スタンダードチューニングを表した音符とTAB譜

調弦の基本

それぞれ開放弦の6弦をE(ミ)、5弦をA(ラ)、4弦をD(レ)、3弦をG(ソ)、2弦をB(シ)、1弦をE(ミ)に合わせるのが、ギターチューニングの基本となります。このチューニングをスタンダードチューニングノーマルチューニングレギュラーチューニングなどと呼びます。

スタンダードチューニングを説明した指板

調弦は繰り返しが基本

調弦は何弦からでも良いですが、6弦から1弦へ調弦することが多いです。そして、1弦まで調弦し終えたら再び6弦から1弦までを調弦します。ギター系統の楽器は1本を調弦すると、他の弦の調弦が微妙に狂うという現象が起こるからです。なので、調弦は最低でも2回は繰り返しておきたいところです。

張り替えたての弦

新しい弦を張り替えたばかりは調弦をしても、直ぐに音が狂ってしまいます。これは弦がグングンと伸ばされているためです。なので、ギターの調子が悪いということではないので、心配しないでください。

高度な調弦を説明した指板

高度な調弦

  • ① 先ずはチューナーで5弦0フレットをAに合わします。
  • ② 5弦0フレットに6弦5フレットを合わします。回すペグは6弦です。
  • ③ 5弦5フレットに4弦0フレットを合わします。回すペグは4弦です。
  • ④ 4弦5フレットに3弦0フレットを合わします。回すペグは3弦です。
  • ⑤ 3弦4フレットに2弦0フレットを合わします。回すペグは2弦です。
  • ⑥ 2弦5フレットに1弦0フレットを合わします。回すペグは1弦です。

この調弦は自分の耳を頼りとし、一方は弦を押さえながら二音を弾いて聞き比べ、更にペグを回しながら調弦をしていくので、初心者には高度な調弦です。最初は大体で良いので音が合ったと思ったら、チューナーを使い確かめてみると良いでしょう。

変則チューニング

多くの曲はスタンダードチューニングで演奏されますが、それ以外のチューニングで演奏される曲もあり、それを変則チューニングと言ったりします。初心者の内は変則チューニングを必要としませんが、代表的なものを以下で説明しているので、参考までに目を通しておくのも良いでしょう。

ドロップ系チューニング

  • ドロップD
  • 指板の音名
  • ドロップDチューニングを表した音符とTAB譜
  • ドロップDチューニングの指板の音名

ドロップDチューニング

スタンダードチューニングから6弦だけを、EからDに下げてやったのがドロップDチューニングです。変則チューニングの中では、このドロップDチューニングが最も多く使われているかと思います。

  • ダブルD
  • 指板の音名
  • ダブルドロップDチューニングを表した音符とTAB譜
  • ダブルドロップDチューニングの指板の音名

ダブルドロップDチューニング

ドロップDチューニングから1弦を、EからDに下げたのがダブルドロップDチューニングです。指板の音名を見ると、6弦と1弦が同フレットで同じ音名なのが分かります。

  • ドロップG
  • 指板の音名
  • ドロップGチューニングを表した音符とTAB譜
  • ドロップGチューニングの指板の音名

ドロップGチューニング

ドロップDチューニングから5弦を、AからGに下げたのがドロップGチューニングです。6弦と4弦のDと5弦と3弦のGが、1オクターブの音程差になっています。

ドロップ系チューニングの特徴

ドロップ系チューニングの特徴は、スタンダードチューニングよりも低い音が出せるので、重たくドッシリとした雰囲気を演出してやれます。

オープン系チューニング

  • オープンD
  • 指板の音名
  • オープンDチューニングを表した音符とTAB譜
  • オープンDチューニングの指板の音名

オープンDチューニング

スタンダードチューニングの6弦をEからDへ、3弦をGからF#へ、2弦をBからAへ、1弦をEからDへ下げたのがオープンDチューニングです。ヴェスタポールチューニングとも言われます。

  • オープンG
  • 指板の音名
  • オープンGチューニングを表した音符とTAB譜
  • オープンGチューニングの指板の音名

オープンGチューニング

スタンダードチューニングの6弦をEからDへ、5弦をAからGへ、1弦をEからDへ下げたのがオープンGチューニングです。2弦のBを除き、後は全てDとGなのが分かります。

  • オープンC
  • 指板の音名
  • オープンCチューニングを表した音符とTAB譜
  • オープンCチューニングの指板の音名

オープンCチューニング

スタンダードチューニングの6弦をEからCへ、5弦をAからGへ、4弦をDからCへ下げ、2弦をBからCへ上げたのがオープンCチューニングです。6弦から2弦まで、CとGが交互に並びます。

オープン系チューニングの特徴

例えばオープンCチューニングなら、6弦から1弦の開放弦を弾くだけでコードCを弾けます。このように、オープン系チューニングの特徴は、コード弾きに適したチューニングとなっています。

変則チューニングは数多

変則チューニングの種類はまだまだたくさんあり、ギタリスト独自の変則チューニングもあるくらいです。変則チューニングも面白いですが、先ずはスタンダードチューニングを中心とした曲から、練習していくことをお勧めします。

このページのまとめ
  • クリップ式チューナーは必須アイテム。
  • チューニングを日本語で調弦(ちょうげん)と言う。
  • スタンダードチューニングが基本。