セブンスコードもフィンガーピッキングの押さえ方は、ピック弾きの押さえ方に比べると、押さえるフレットを省略できる場合があります。ここでもフィンガーピッキングとピック弾きの、セブンスコードの押さえ方の両方を見ていきましょう。

G7(ジー・セブンス)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのG7(ジー・セブンス)の押さえ方

G7(ジー・セブンス)の押さえ方

フィンガーピッキングの場合は4本の弦を弾きますが、押さえるフレットは6弦3フレットと、1弦1フレットの二ヵ所です。全ての弦を弾きたい場合は、少し難しくなりますが、ピック弾きの押さえ方をしてやりましょう。

完全5度の省略

フィンガーピッキングのG7ですが、実は正確なコードG7ではありません。それは音楽的にいうところの、完全5度という音が含まれていないからです。しかし、完全5度はコードに大きな影響を及ぼさないため、省略されることも多いです。このことはコードG7だけでなく、他のコードでも見られます。

G7(ジー・セブンス)を含むコードチェンジの練習4小節

コードチェンジの練習

3小節目以外はG7と関係のないコードですが、他のコードも交えて練習していきましょう。こういった練習を主にコードチェンジなどと言います。コードチェンジは初心者にとって、かなり難易度の高いテクニックです。なので、先ずは無理のないテンポで練習してください。

フィンガーピッキングについて

フィンガーピッキングについてですが、6・5・4弦を親指のフィンガーピッキングの親指を表すPで、3弦を人差し指のフィンガーピッキングの人差し指を表すiで、2弦を中指のフィンガーピッキングの中指を表すmで、1弦を薬指のフィンガーピッキングの薬指を表すaで弾いていきましょう。このG7以降のセブンスコードも、そのフィンガーピッキングで弾いていきましょう。

A7(エー・セブンス)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのA7(エー・セブンス)の押さえ方

A7(エー・セブンス)の押さえ方

フィンガーピッキングのA7ですが、1弦3フレットを小指ではなく、薬指で押弦するA7でも良いです。また、セーハで押弦するA7になっても良いです。これはA7に限ったことではなく、コードの押さえ方は何通りか考えられるものもあります。

A7(エー・セブンス)を含む開放弦の練習4小節

開放弦から入るコード

3小節目のA7は開放弦の3弦0フレットから入りますが、この時点で次に弾く3弦2フレット・2弦2フレット・1弦3フレットを、慌てて押さえる必要はありません。開放弦から入るコードは前後の押弦に余裕が生まれるので、開放弦の間に次のフレットを押さえる、というくらいで良いかと思います。

B7(ビー・セブンス)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのB7(ビー・セブンス)の押さえ方

B7(ビー・セブンス)の押さえ方

このB7はバレーコードなので、押さえ方を見ただけでは難しく感じられます。フィンガーピッキングの場合ですが、簡単に考えれば人差し指のセーハと2弦4フレットの小指の、2ヶ所だけだと言えなくもないです。バレーコードだと難しく思ってしまいますが、楽観的に考えた方が押さえ易くもなるでしょう。

B7(ビー・セブンス)を含むシャッフルの練習4小節

シャッフルのリズム

最初に表記されてある音楽記号により、シャッフルという跳ねるリズムに変化しています。3連符(さんれんぷ)が基本になるリズムなのですが、理論的に考えるより音源を聴いた方が早いかと思います。リズムがシャッフルになると、リズムをとるのにも少し苦労するかと思います。

C7(シー・セブンス)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのC7(シー・セブンス)の押さえ方

C7(シー・セブンス)の押さえ方

フィンガーピッキングのC7は同じくフィンガーピッキングのCから、3弦3フレットを小指で押さえるだけなので、覚え方としては簡単かと思います。しかし、この小指を上手く動かすことが中々に大変で、余計な力が入ってしまうこともあります。少しずつリラックスして押さえていきましょう。

C7(シー・セブンス)を含む先ず根音を押さえる練習4小節

先ず根音を押さえる

3小節まではコードの根音が、先ず最初に鳴っています。こういったフレーズの場合は一気にコードを押さえようとせず、先ず根音だけを押さえて弾きます。あとのフレットはそれからでも、案外と間に合うものです。それを続けていくうちに、コードのフレットを一気に押さえられるようになります。

D7(ディー・セブンス)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのD7(ディー・セブンス)の押さえ方

D7(ディー・セブンス)の押さえ方

コードD7はフィンガーピッキングも、ピック弾きも押さえ方は同じです。因みに、D(ディー・メジャー)Dm(ディー・マイナー)も、フィンガーピッキングとピック弾きで同じ押さえ方をします。そして、これら3種類のコードは押さえ方で、迷うことがよくあるかと思います。

D7(ディー・セブンス)を含む1拍3連符練習4小節

1拍3連符(いっぱくさんれんぷ)

上記の4小節は1拍3連符、というリズムが主体となっています。4分音符1つ分の中に均等に3回鳴らす、というのが1拍3連符の説明ですが、頭で考えるより先ずは音源を聴いてください。1拍3連符は馴染みやすいリズムなので、直ぐに理解できるかと思います。

E(イー・セブンス)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのE7(イー・セブンス)の押さえ方

E7(イー・セブンス)の押さえ方

フィンガーピッキングのE7は、2弦3フレットを薬指で押さえても問題ないです。因みに、2弦3フレットを開放弦の2弦0フレットにして弾いてやると、コードE(イー・メジャー)になります。これら両方の押さえ方は少しの違いですが、サウンド的には大きく違うものになっています。

E7(イー・セブンス)を含むフィンガーピッキングの練習4小節

フィンガーピッキングの指

この4小節も1拍3連符が主なリズムとなっています。根音は全て0フレットの開放弦なので、少しは楽に弾けるかと思います。1つ前の1拍3連符もそうですが、押さえる指よりもフィンガーピッキングの指が、上手く動かせなくて苦労するかと思います。

F#7(エフ・シャープ・セブンス)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのF♯7(エフ・シャープ・セブンス)の押さえ方

F#7(エフ・シャープ・セブンス)の押さえ方

ピック弾きのF#7はもちろん、フィンガー弾きのF#7も押さえるのが非常に難しいです。押さえられたとしても、綺麗な音を出すまでにも苦労するかと思います。先ずはフィンガー弾きのF#(エフ・シャープ・メジャー)の音を、綺麗に出すことから始めてみるのも良いでしょう。

F♯7(エフ・シャープ・セブンス)を含む---の練習4小節

先ずはF#7のフォーム

3小節目のF#7の直前にも4分休符があります。4分休符は僅かな休みですが、その間にF#7を押さえる準備をしてしまいましょう。最初は押さえるフレットが違っていても、綺麗に音が出なくて良いので、先ずはF#7を押さえる指のフォームだけでも、とれるようにしておきましょう。

このページのまとめ
  • セブンスコードは不安定な響きのするコード。
  • 完全5度を含まないセブンスコードもある。
  • セブンスコードも複数の押さえ方がある。