クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者
コードの応用

演奏する前に

クラシックギターの各名称

クラシックギターの付属品

クラシックギターのかまえ

クラシックギターの弦交換

クラシックギターの調弦
音楽理論

タブ譜面の読み方

クラシックギターの指板

音符と休符の種類と長さ

反復記号

音楽記号
左手と右手の基本

左手の使い方

右手の使い方

テクニック
基本練習

開放弦を弾いてみる

弦を押さえて弾いてみる

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

単音の練習曲
コード

コードの仕組み

メジャーコード

マイナーコード

セブンスコード

コードの応用

コードの練習曲
課題曲

曲を弾いてみよう

さくら

プレリュード

きらきら星

聖者の行進

カッコウ

ワルツ

ラ・クカラチャ

ドナドナ

大きな古時計
おまけ

ギター初心者ガイド

クラシックギターの教則本

ギタリストのCD

音楽理論の本
スポンサードリンク
 コードの押さえ方を見比べる
クラシックギターのコード C フォークギターのコード C
クラシックギターのコードC フォークギターのコードC
他のページでも触れましたが、クラシックギターとエレキギターやフォークギターのコードの押さえ方は少し違っています。例えば、左のクラシックギターのコードCを6弦から1弦まで順番に鳴らしてしまうと、これはコードCの和音ではありません。4弦の音がコードCのド・ミ・ソの構成音ではないからです。右のフォームだと4弦も押さえてミの音を出しているので、全ての弦を鳴らしてもコードCの和音になっています。もう1つコードFを見比べてみましょう。
クラシックギターのコード F フォークギターのコード F
クラシックギターのコードF フォークギターのコードF
コードFの構成音はファ・ラ・ドです。全ての弦を弾いた場合、クラシックギターの押さえ方だと5弦はシ♭、4弦はミ♭が鳴ってしまいコードFの和音ではありません。なので、全ての弦を弾くなら薬指と小指も使って右のようなフォームをとらなければなりません。
C−Fを弾いた譜面
音源の再生
クラシックギターではロックやポップスのように、コードでジャカジャカ弾くことはあまりなく、なるべく無駄な音は重ねずに必要最低限の音で演奏するみたいなので、押さえ方が簡単になっているのだと思います。それでも、のように小節の頭ではなく3拍目などに違うルートの音(そのコードの構成音)を持ってくる場合もよくあるので、エレキギターやフォークギターで練習したコードの押さえ方が出来る人はその方がいいと思います。
 セーハを使ったコードT
コードネーム B コードネーム B
コードネーム B コードネーム B♭
5弦の音名
5弦の音名
メジャーコードの項目で紹介したコードネームBを1つ左へずらしてやると、コードネームB♭のフォームになります。同じようにして、コードネームBの状態から右に1つずらすと、コードネームCになります。人差し指を中心に5フレットに持ってくるとコードネームD、7フレットまで持ってくるとEになります。このように同じフォームでフレットをずらしてやると、違うメジャーコードが作れます。ただし、これは5弦をルート(1番低い音)とする場合だけです。
コードネーム F にはならない コードネーム F の構成音ではない
コードネームFにはならない コードネームFの構成音ではない
先ほどのコードネームB♭のフォームを上の画像のように6弦の方向へずらしたとします。6弦1フレットの音名はFですが、これはコードネームFにはなりません。コードFはファ・ラ・ドの音が集まって出来ています。音名を見てみると「ファ・シ♭・ド」なのが分かりますね。
 セーハを使ったコードU
コードネーム F コードネーム G
コードネーム F コードネーム G
6弦の音名
6弦の音名
6弦の場合はコードFのフォームを基本と覚えておきましょう。このフォームのままセーハしている人差し指を3フレットまで持ってくるとコードGになります。6フレットだとA♯=B♭になり、8フレットだとCになります。ここでメジャーコードの項目で紹介したのと押さえ方が違うと疑問に思う人もいると思います。コードCを例に挙げて使われている音名と一緒に見ていきましょう。
コードネーム C Cで使われている音名
コードネーム C Cで使われている音名
コードCの構成音は「ド・ミ・ソ」でした。上のコードネームCのポジションとメジャーコードで紹介したコードCとでは押さえているフレットは離れていますが、使われている音名は同じです。同じ音名ですがセーハを利用したコードCはもちろん音が高くなります。セーハを使うコードはこういったものが幾つかあるので、曲に合わせて好きな方を使うといいでしょう。
 セーハを使ったコードV
コードネーム Bm コードネーム Bm
コードネーム Bm コードネーム B♭m
5弦の音名
5弦の音名
マイナーコードの場合も同じです。マイナーコードの項目で紹介したBmを左へ1つずらしてやると、コードB♭mのフォームになります。このフォームのまま5フレットまで持ってくるとDmになります。やはりこれも5弦をルート(1番低い音)とする場合です。

コードネーム Fm コードネーム Gm
コードネーム Fm コードネーム G♯m
6弦の音名
6弦の音名
6弦の場合はマイナーコードで紹介したFmやGmでも見られるフォームになります。Fmのフォームのまま4フレットまで持っていくとG♯m=A♭mになります。5フレットまで持っていくと、マイナーコードで紹介したコードAmとは違うフォームのAmの完成です。
セブンスコード << 前の項目  次の項目 >> コードの練習曲

ベースの初心者楽典♪音楽理論の基礎
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮願います。
クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者