クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者
セブンスコード

演奏する前に

クラシックギターの各名称

クラシックギターの付属品

クラシックギターのかまえ

クラシックギターの弦交換

クラシックギターの調弦
音楽理論

タブ譜面の読み方

クラシックギターの指板

音符と休符の種類と長さ

反復記号

音楽記号
左手と右手の基本

左手の使い方

右手の使い方

テクニック
基本練習

開放弦を弾いてみる

弦を押さえて弾いてみる

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

単音の練習曲
コード

コードの仕組み

メジャーコード

マイナーコード

セブンスコード

コードの応用

コードの練習曲
課題曲

曲を弾いてみよう

さくら

プレリュード

きらきら星

聖者の行進

カッコウ

ワルツ

ラ・クカラチャ

ドナドナ

大きな古時計
おまけ

ギター初心者ガイド

クラシックギターの教則本

ギタリストのCD

音楽理論の本
スポンサードリンク
 セブンスコードの押さえ方と構成音
メジャーコードとマイナーコードが覚えられたら、次にセブンスコードを見ていきましょう。どの曲でも分析すると「トニックコード」という主になるコード、「サブドミナントコード」という間のコード、「ドミナントコード」という主に進行したがるコードで出来ています。セブンスコードは最後の「ドミナントコード」のことで、コードの性質上トニックコードへ戻りたがる性格を持っています。これによりスッキリ感が生まれます。言葉で説明すると難しいので、実際にコードを弾いて感じてみてください。譜面は1小節ずつ「トニック→サブドミナント→ドミナント→トニック」の順番です。
コードネーム 読み方 構成音(英語音名)
G7 ジーセブン ソ・シ・レ・ファ(G・B・D・F)
A7 エーセブン ラ・ド♯・ミ・ソ(A・C♯・E・G)
B7 ビーセブン シ・レ♯・ファ♯・ラ(B・D♯・F♯・A)
C7 シーセブン ド・ミ・ソ・シ♭(C・E・G・B♭)
D7 ディーセブン レ・ファ♯・ラ・ド(D・F♯・A・C)
E7 イーセブン ミ・ソ♯・シ・レ(E・G♯・B・D)
F7 エフシャープセブン ファ♯・ラ♯・ド♯・ミ(F♯・A♯・C♯・E)
コードネーム G7 G7で使われている音名
コードネーム G7 G7で使われている音名
C−F−G7−Cを弾いた譜面
音源の再生
メモ …… 譜面はコードC→F→G7→Cを弾いたものです。トニックのCから始まり、サブドミナントのF、そしてドミナントのG7、最後はトニックのCに戻ります。G7からCへのコード進行は曲が終わったみたいなスッキリ感みたいなものが感じられたはずです。この3つのコードを主要三和音(しゅようさんわおん)と言って、曲はこの3つのコードを中心に作られています。ただ、トニックコードがC以外もあるので、そうすると当然サブドミナント、ドミナントのコードも変わってきます。

コードネーム A7 A7で使われている音名
コードネーム A7 A7で使われている音名
D−G−A7−Dを弾いた譜面
音源の再生
メモ …… 前のページでも書きましたが、人によってコードの押さえ方は違います。A7もここで紹介している指で押さえづらかったら、2・3弦の2フレットを人差し指でセーハして、1弦の3フレットを残りの指で押さえてもいいと思います。自分に合ったフォームをとりましょう。

コードネーム B7 B7で使われている音名
コードネーム B7 B7で使われている音名
E−A−B7−Eを弾いた譜面
音源の再生
メモ …… B7は人差し指のセーハを使ってフォームを作ります。なので、2小節目から3小節目にかけてのコードチェンジは難しいと思いますが、練習すれば必ず出来るようになります。最初はテンポを落として弾いてみてください。クラシックではあまり出てこないリズムなので、最初はタイムをとるのが難しく感じると思います。

コードネーム C7 C7で使われている音名
コードネーム C7 C7で使われている音名
F−B♭−C7−Fを弾いた譜面
音源の再生
メモ …… 参考までに、僕はコードCを押さえるとき、5弦3フレットのルートを小指で押さえていたのですが、C7を押さえるときに小指がどうしても3弦の3フレットに必要になってくるので、コードCのルートも薬指で押さえるようにしました。

コードネーム D7 D7で使われている音名
コードネーム D7 D7で使われている音名
G−C−D7−Gを弾いた譜面
音源の再生
メモ …… 譜面にもあるように、連結されて3とある音符は3連符(さんれんぷ)と言います。見た目では難しそうに思いますが、聴いてみれば簡単に弾けると思います。4分音符1つ鳴っている間に均等に3つ音を鳴らします。3連符はよく出てくるので慣れておきましょう。

コードネーム E7 E7で使われている音名
コードネーム E7 E7で使われている音名
A−D−E7−A
音源の再生
メモ …… E7はセブンス系のコードでは覚えやすく押さえやすい方だと思います。コードEを弾いてみてからE7を弾いてみてください。1つの音しか変わってませんが、サウンドががらりと変わると思います。弾いてみてセブンスコードを耳でも感じとってください。

コードネーム F7 F7で使われている音名
コードネーム F♯7 F♯7で使われている音名
B−E−F♯7−Bを弾いた譜面
音源の再生
メモ …… F♯7はこのサイトで紹介するコードで1番難しいです。押さえるのが難しく、押さえられたとしてもキレイな和音を出すまでには相当な練習がいると思います。めいっぱい指を広げ、しっかりと弦を押さえて指を慣れさしてください。
 主要三和音
このページで紹介した各セブンスコードの4小節の譜面は「メジャーコード/メジャーコード/セブンスコード/メジャーコード」の主要三和音ですが「マイナーコード/マイナーコード/セブンスコード/マイナーコード」の主要三和音の進行もよく見られます。下のコード表を参考にして自分で色んなフレーズを作って練習してみてください。
トニックコード サブドミナントコード ドミナントコード
C F G7
D G A7
E A B7
F B C7
G C D7
A D E7
B E F7
トニックコード サブドミナントコード ドミナントコード
Am Dm E7
Bm Em F7
Cm Fm G7
Dm Gm A7
Em Am B7
Fm Bm C7
Gm Cm D7
上のコード表は各コードの押さえ方にリンクしていますが、なるべくリンク先を見ないでコードネームを見ただけでコードを押さえられるようにクセをつけておきましょう。
マイナーコード << 前の項目  次の項目 >> コードの応用

ベースの初心者楽典♪音楽理論の基礎
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮願います。
クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者