クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者
コードの仕組み

演奏する前に

クラシックギターの各名称

クラシックギターの付属品

クラシックギターのかまえ

クラシックギターの弦交換

クラシックギターの調弦
音楽理論

タブ譜面の読み方

クラシックギターの指板

音符と休符の種類と長さ

反復記号

音楽記号
左手と右手の基本

左手の使い方

右手の使い方

テクニック
基本練習

開放弦を弾いてみる

弦を押さえて弾いてみる

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

単音の練習曲
コード

コードの仕組み

メジャーコード

マイナーコード

セブンスコード

コードの応用

コードの練習曲
課題曲

曲を弾いてみよう

さくら

プレリュード

きらきら星

聖者の行進

カッコウ

ワルツ

ラ・クカラチャ

ドナドナ

大きな古時計
おまけ

ギター初心者ガイド

クラシックギターの教則本

ギタリストのCD

音楽理論の本
スポンサードリンク
 コードとは?
コードとは音程(音の高さ)が違う2つ以上の音が同時に鳴ったものを言います。五線譜の上に英文字でC・Am・Dm・G7などと表記されてあるのがコードと言われるもので、正しくはコードネームと言います。では、もうちょっと詳しくコードネーム「C」を例に挙げて見ていきましょう。
コードネーム「C」の構成音
コードネーム「C」は下の音から順番にド・ミ・ソの音が集まって出来ています。コードの土台となる音をルートと言います。ルートのドから数えて3つ目の音のミ、同じくルートのドから数えて5つ目の音のソで構成されているこの形がコードの基本形だと思ってください。音と音との重なり合う距離がコードの性格を決めています。次に、コードの弾き方を見ていきましょう。
コードネーム「C」の弾き方
音源の再生
1〜2小節目はいずれもコードネームCを弾いた譜面で、2拍ずつ見ると分かりやすいと思います。最初の2拍はコードネームCを同時に鳴らした形です。先ほど、コードネームCは「ド・ミ・ソ」の3つの音が集まって出来たコードだと言いましたが、見てみると4つの音が鳴っています。これはギターのコード弾きには当たり前のことで、音に厚みを出すためにオクターブ高いドの音が使われています。他にミの音やソの音が使われていてもコードネームCでいいのですが、ルート(一番低い音)はドの音を鳴らす方がコードネームCとしての色がはっきり出ると思います。

2小節目はコードネームCを分散して弾いたアルペジオという弾き方です。よく見られるのが譜面のように4・5・6弦のどれかでルートを弾いて、1・2・3弦でルートを含む残りの音を鳴らすパターンです。1・2・3弦を弾く順番は自由なので色んな弾き方を練習しておきましょう。

コードネーム「Am」の弾き方
音源の再生
次はコードネーム「Am」を見ていきましょう。Amはラ・ド・ミが集まって出来たコードです。同じく1〜2小節はコードネームAmを弾いた譜面です。ルートに注目してみてください。1小節目の1拍目には5弦の開放弦のラの音がルート(一番低い音)になっていて、この時にコードネームAmとしてのサウンドが1番強いと思ってください。3拍目には5弦3フレットのドの音がルートとして使われていますが、Amの構成音にドの音は含まれているので間違いではありません。同じように、2小節目の3拍目にも6弦の開放弦のミの音がルートとして使われています。コードをアルペジオで弾いているとこういった譜面もよくあるので覚えておきましょう。

少し話がややこしくなってしまったので、何が書いてあるか分からない人も多いと思います。でも、このページに書いてることが分からなくてもクラシックギターは十分に弾けます。コードは何の音が集まって出来ているかなどをイチイチ覚えなくても、次のページで紹介していくコードのポジションを覚えて弾くことが出来れば十分です。
単音の練習曲 << 前の項目  次の項目 >> メジャーコード

ベースの初心者楽典♪音楽理論の基礎
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮願います。
クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者