クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者
クラシックギターの各名称

演奏する前に

クラシックギターの各名称

クラシックギターの付属品

クラシックギターのかまえ

クラシックギターの弦交換

クラシックギターの調弦
音楽理論

タブ譜面の読み方

クラシックギターの指板

音符と休符の種類と長さ

反復記号

音楽記号
左手と右手の基本

左手の使い方

右手の使い方

テクニック
基本練習

開放弦を弾いてみる

弦を押さえて弾いてみる

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

単音の練習曲
コード

コードの仕組み

メジャーコード

マイナーコード

セブンスコード

コードの応用

コードの練習曲
課題曲

曲を弾いてみよう

さくら

プレリュード

きらきら星

聖者の行進

カッコウ

ワルツ

ラ・クカラチャ

ドナドナ

大きな古時計
おまけ

ギター初心者ガイド

クラシックギターの教則本

ギタリストのCD

音楽理論の本
スポンサードリンク
 クラシックギター各部の名前と働き
クラシックギター各部の名前と働き
ヘッド …… 一番上のパーツのことを言います。クラシックギターに限らず、エレキギターやエレキベースなどの弦楽器も共通の呼び方をします。
弦巻(いとまき) …… 調弦(チューニング)の時に弦巻で音の高さを調節してやります。弦の本数と同じく6つあります。別の呼び方で、ペグと言ったりもします。
弦倉(いとぐら) …… 弦を巻きつけておくためにあり、弦巻を巻くとまわるようになっています。弦巻と同じく6つあります。
上駒(かみごま) …… 弦をはめ込むようになっています。別の読み方で、ナットと言われることも多いです。フレットとは違うパーツなので気をつけましょう。
フレット …… 音の高さを決めるために打ち込まれた金属の棒です。ヘッド側から、1フレット・2フレット・3フレットと言います。「○フレットを押さえる」という表現をします。
指板(しばん) …… フレットが打ち込まれてあります。指板にも種類があり、使われている木によって音が変わってきます。別の読み方でフィンガーボードとも言います。
ネック …… 指板が張られていて、フレットが打ち込まれている細長い部分です。ネックは乾燥や湿気で曲がってしまうことがよくあります。
表面板 …… 名の通りギターの表面部分です。別の読み方で、トップ、サウンドボード、ボディと言ったりもします。上の画像がオーソドックスな形と言っていいと思います。
側面板 …… 彎曲に張ってある板の部分です。太ももに側面板の凹んでいる部分を置いて演奏することになります。
サウンドホール …… 表面板ある丸い穴です。中で響いた音を外に伝える役割を果たしています。丸いのがほとんどですが、違う形をしたサウンドホールもあります。
駒(こま) …… 弦を通して弦倉へと渡す部分です。ブリッジと言われることもあります。
 クラシックギターの扱い
クラシックギターに限ったことではないですが、楽器はとてもデリケートなものです。直射日光が当たる場所に置いたり、ストーブの近くや湿気が多い場所で弾くのは止めておきましょう。音が濁って響かなくなったりします。また、演奏後には楽器専用のクロスで拭いておきましょう。特に、弦は必ず1本1本丁寧に拭いてください。弦の寿命が全然違ってきます。面倒だとは思いますが、毎回の演奏後には専用のケースに入れて保管しておくのが好ましいです。
クラシックギターの初心者 << 前の項目  次の項目 >> クラシックギターの付属品

ベースの初心者楽典♪音楽理論の基礎
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮願います。
クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者