クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者
クラシックギターの調弦

演奏する前に

クラシックギターの各名称

クラシックギターの付属品

クラシックギターのかまえ

クラシックギターの弦交換

クラシックギターの調弦
音楽理論

タブ譜面の読み方

クラシックギターの指板

音符と休符の種類と長さ

反復記号

音楽記号
左手と右手の基本

左手の使い方

右手の使い方

テクニック
基本練習

開放弦を弾いてみる

弦を押さえて弾いてみる

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

単音の練習曲
コード

コードの仕組み

メジャーコード

マイナーコード

セブンスコード

コードの応用

コードの練習曲
課題曲

曲を弾いてみよう

さくら

プレリュード

きらきら星

聖者の行進

カッコウ

ワルツ

ラ・クカラチャ

ドナドナ

大きな古時計
おまけ

ギター初心者ガイド

クラシックギターの教則本

ギタリストのCD

音楽理論の本
スポンサードリンク
 チューナーを使った調弦
チューナーを使った調弦
ギターには幾つか調弦(チューニング)方法があります。慣れれば音叉やピアノなどの音を聴いて、その音と合わせることができますが、クラシックギターを始めたばかりでは難しいと思います。まずは一番確実で簡単なチューナーを使った調弦方法を覚えておきましょう。チューナーの使い方は物によって違いますが基本は同じです。チューニング以外にもいろんな機能がついてるチューナーもあるので説明書をよく読んでおきましょう。自分がギターをかまえた状態から、一番上の弦が6弦です。6弦から下へ5弦・4弦・3弦・2弦・1弦となっています。
6弦のチューニング   5弦のチューニング
6弦はE(ミ)の音に合わせます。 5弦はA(ラ)の音に合わせます。

4弦のチューニング   3弦のチューニング
4弦はD(レ)の音に合わせます。 3弦はG(ソ)の音に合わせます。

2弦のチューニング   1弦のチューニング
2弦はB(シ)の音に合わせます。 1弦はE(ミ)の音に合わせます。
6弦から1弦のチューニングが終わったらもう1度か2度同じようにチューニングをしておきましょう。弦は伸び縮みするので演奏中にも音が狂ってきます。特に弦を交換したばかりはよく音が狂います。音が狂ったまま弾いていると、しっかりした音感が身に付かないので、チューニングはこまめに神経質にやりましょう。
 フレットを押さえた調弦
ここからのチューニング方法は自分の耳が頼りになってきます。最初は難しいですが慣れれば簡単にチューニング出来るので覚えておきましょう。やり方さえ合っていれば、説明した順番通りにやらなくてもいいので、自分のやりやすい順番でチューニングしてください。
フレットを押さえた調弦T   フレットを押さえた調弦U
T・チューナーや音叉を使って、5弦の開放弦(どこも押さえないで弾く)をA(ラ)の音に合わせます。 U・5弦5フレットを押さえた音(D)に、4弦の開放弦を合わせます。

フレットを押さえた調弦V   フレットを押さえた調弦W
V・4弦5フレットを押さえた音(G)に、3弦の開放弦を合わせます。 W・3弦4フレットを押さえた音(B)に、2弦の開放弦を合わせます。押さえる弦は3弦の4フレットなので注意してください。

フレットを押さえた調弦X   フレットを押さえた調弦Y
X・2弦5フレットを押さえた音(E)に、1弦の開放弦を合わせます。 Y・5弦の開放弦の音(A)に、6弦5フレットを押さえた音を合わせます。
 ハーモニクス奏法の調弦
次にハーモニクス奏法を使ったチューニングを見ていきましょう。ハーモニクスとは倍音(ばいおん)と言われ、整数倍の周波数の音のことです。言葉で説明しても意味が分からないと思うので、ここではやり方だけ覚えておきましょう。ハーモニクス奏法には開放弦を使って音を出す「ナチュラルハーモニクス」と弦を押さえて音を出す「タッチハーモニクス」があります。ここでは開放弦を使ったナチュラルハーモニクスを使います。

ナチュラルハーモニクスを出す方法は、指定されたフレット(弦)の真上に軽く左指をおきます。その状態から右手で弦を弾くと同時に左指を弦から離してやります。そうすると、プ〜ンと高い音が出ます。これがナチュラルハーモニクス奏法です。練習しないと出すのは難しいですが、ハーモニクスチューニングは左手が自由になるので調弦が楽に出来ると思います。右手で弦を弾くときは、サウンドホールより駒に近い場所を弾くとハーモニクスが出しやすくなると思います。
ハーモニクス奏法の調弦T   ハーモニクス奏法の調弦U
T・チューナーやピアノを使って、5弦の開放弦をA(ラ)の音に合わせます。 U・5弦5フレットのハーモニクスに、4弦7フレットのハーモニクスを合わせます。

ハーモニクス奏法の調弦V   ハーモニクス奏法の調弦W
V・4弦5フレットのハーモニクスに、3弦7フレットのハーモニクスを合わせます。 W・5弦7フレットのハーモニクスに、6弦5フレットのハーモニクスを合わせます。

ハーモニクス奏法の調弦X   ハーモニクス奏法の調弦Y
X・6弦5フレットのハーモニクスに、1弦12フレットのハーモニクスを合わせます。 Y・1弦7フレットのハーモニクスに、2弦5フレットのハーモニクスを合わせます。
 オクターブでチューニングの確認
上でやったチューニングが正確かどうか、オクターブの音を鳴らしてキレイな音が鳴るか確認してみましょう。オクターブとは音階上で同じ音名を持つ音のことです。簡単に説明すると「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」の最初のドから最後のドまでが1オクターブとなります。ドから始まる音だけでなく「レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド・レ」の最初のレから最後のレもオクターブ関係になります。このオクターブを同時に鳴らしてみて、キレイな音が鳴るかをチェックしてみましょう。
オクターブでチューニングの確認T   オクターブでチューニングの確認U
T・5弦2フレットのB(シ)の音と、2弦の開放弦のオクターブで確認します。 U・4弦の開放弦のD(レ)の音と、2弦3フレットのオクターブで確認します。

オクターブでチューニングの確認V   オクターブでチューニングの確認W
V・4弦2フレットのE(ミ)の音と、1弦の開放弦のオクターブで確認します。 W・3弦の開放弦のG(ソ)の音と、1弦3フレットのオクターブで確認します。

オクターブでチューニングの確認X
X・6弦の開放弦のE(ミ)の音と、1弦の開放弦の2オクターブで確認します。

チューニングはとても難しいものです。1度や2度のチューニングでは完全とはいえません。上で紹介したチューニングの他に、ド・レ・ミの音階を弾いてみたり、自分の得意とするコードを弾いてみたりして、自分の耳での確認が大切になってきます。自分の耳を信じて、少しでも音が気持ち悪いと感じたなら、すぐにチューニングをしましょう。調弦も繰り返し練習が必要です。
クラシックギターの弦交換 << 前の項目  次の項目 >> タブ譜面の読み方

ベースの初心者楽典♪音楽理論の基礎
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮願います。
クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者