クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者
左手の使い方

演奏する前に

クラシックギターの各名称

クラシックギターの付属品

クラシックギターのかまえ

クラシックギターの弦交換

クラシックギターの調弦
音楽理論

タブ譜面の読み方

クラシックギターの指板

音符と休符の種類と長さ

反復記号

音楽記号
左手と右手の基本

左手の使い方

右手の使い方

テクニック
基本練習

開放弦を弾いてみる

弦を押さえて弾いてみる

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

単音の練習曲
コード

コードの仕組み

メジャーコード

マイナーコード

セブンスコード

コードの応用

コードの練習曲
課題曲

曲を弾いてみよう

さくら

プレリュード

きらきら星

聖者の行進

カッコウ

ワルツ

ラ・クカラチャ

ドナドナ

大きな古時計
おまけ

ギター初心者ガイド

クラシックギターの教則本

ギタリストのCD

音楽理論の本
スポンサードリンク
 左指の表記
左指の表記 まず最初に、譜面などに指示されてある左指の表記を見てみましょう。教則本などを見ていると、番号を振り分けているのが多いです。このサイトでは左の写真のように「人・中・薬・小」と漢字で載せておきます。ただし、人によって手の大きさは違うので、弦を押さえる指は変わってきます。指示がある左指は参考にする程度でいいと思います。自分の押さえやすい指を見つけてください。
 親指のフォームについて
良い親指のフォーム 悪い親指のフォーム
良い親指のフォーム 悪い親指のフォーム
左手は人差し指・中指・薬指・小指を使って弦を押さえます。その手助けをするのが親指で、とても大切な役割を持っています。クラシックギターに限らず、エレキベースやエレキギターなどの弦楽器を始めたばかりの人は右の写真のように親指を指板側へ反してしまいがちです。ネックを握ってしまっては、残りの4本の指を最大限にいかすことが出来なくなってしまいます。コードを弾く時にネックを握ってしまった方が押さえやすい場合もありますが、基本的には左の写真のようにしっかりとネックを支えるようにしてください。親指は力まずに、中指あたりと向かい合うくらいでネックを支えるといいでしょう。より良い親指のフォームを身につけてください。
 弦の押さえ方
弦の押さえ方
肩の力をリラックスさせ、ヒジを突っ張らせず、手首の力を抜いて、肩から手首にかけては力まないようなフォームをとっていきましょう。指は関節を曲げて上下の弦に指が当たらないよう、なるべく真上から弦を押さえるようにします。押さえる場所ですが、なるべくフレットの近くを押さえるようにしましょう。フレットの真上であったり、フレットから離れすぎていたりしたら純粋な音が出ないことがあります。最初はどうしても力んで強く押さえてしまいがちですが、弾くうちに加減が分かってくると思います。

次のようにして弦を押さえてみてください。最終的には上の写真のようになります。押さえる弦は1弦です。まずは人差し指で2フレットを押さえます。次に中指で3フレットを押さえますが、この時に人差し指で押さえた2フレットは離してはいけません。次は薬指で4フレットを押さえます。同じく、人差し指と中指はそのままにしておきます。最後は小指で5フレットを押さえます。上手く指が開かず押さえられないと思います。押さえられたとしてもヒジや手首がかなり痛くはありませんか。クラシックギターの曲ではこういった指のフォームが幾度となく出てきます。直ぐには無理だと思いますが、力まずにこのフォームを押さえられるようになりましょう。1弦だけではなく、残りの5本の弦でも練習してみてください。
音楽記号 << 前の項目  次の項目 >> 右手の使い方

ベースの初心者楽典♪音楽理論の基礎
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮願います。
クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者