クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者
テクニック

演奏する前に

クラシックギターの各名称

クラシックギターの付属品

クラシックギターのかまえ

クラシックギターの弦交換

クラシックギターの調弦
音楽理論

タブ譜面の読み方

クラシックギターの指板

音符と休符の種類と長さ

反復記号

音楽記号
左手と右手の基本

左手の使い方

右手の使い方

テクニック
基本練習

開放弦を弾いてみる

弦を押さえて弾いてみる

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

単音の練習曲
コード

コードの仕組み

メジャーコード

マイナーコード

セブンスコード

コードの応用

コードの練習曲
課題曲

曲を弾いてみよう

さくら

プレリュード

きらきら星

聖者の行進

カッコウ

ワルツ

ラ・クカラチャ

ドナドナ

大きな古時計
おまけ

ギター初心者ガイド

クラシックギターの教則本

ギタリストのCD

音楽理論の本
スポンサードリンク
 カッティング奏法
カッティング奏法T
音源の再生
カッティングとは音を短く切って演奏することです。音源を聴いてもらえれば1小節目と2小節目とでは音の雰囲気が違うと思います。2小節目がカッティングを使って弾いています。カッティングのやり方は、弦を弾いたら左指の力を抜いて弦をフレットから離してやります。気をつけることは、弦から指は離さずに触れておきます。指まで離してしまうと余計な音が出てしまいます。

カッティング奏法U
音源の再生
カッティングは左指だけでなく、譜面のように開放弦が出てきた場合などは右指を使ってする場合があります。余っている左指で弦に触れて音をカット出来ればいいのですが、それは難しいと思います。それぞれ弾き終わった右指、i ・m・a を弦に触れさせて音を止めます。開放弦は3弦の i と1弦の a ですが、2弦の m も一緒に弦へ触れさせた方がやりやすいと思います。
 セーハ
セーハT
音源の再生
セーハとは1本の指で複数の弦を押さえるテクニックです。セーハはクラシックギターに限らず多くの弦楽器で使われています。譜面では2小節目で6弦から1弦を人差し指でセーハします。2小節目・1拍目の6弦1フレットは人差し指の頭で押さえているため、2拍目の1弦と2弦の1フレットは人差し指の根元近くで押さえることになります。なので、指の力が必要になってきます。

セーハU
音源の再生
譜面のような違う弦で同じフレットのメロディが続く場合にもセーハは有効です。1・2小節とも人差し指のセーハが続きます。1小節目は5弦から下の弦をセーハ、2小節目は4弦から音が始まっていますが、セーハするのは1小節目から同じく5弦からでいいと思います。または、最初から6弦から1弦を全てセーハしてしまってもいいです。1弦の音は使ってないですが、セーハしてしまいましょう。逆に1弦だけ触れないようにする方が難しいです。
 ビブラート奏法
ビブラート奏法
音源の再生
ビブラートは弦に素早い振動を与え音を細かくふるわせる奏法です。弦楽器のビブラートは2通りのやり方があり、弦に対して左右にふるわせるやり方と、弦に対して上下にふるわせるやり方です。クラシックギターの場合はほとんどが弦に対して左右にふるわせるやり方です。指だけで弦をふるわせようとせず、ヒジからの運動を利用すると素早い振動を与えることが出来ます。譜面ではの音にビブラートがかかっています。譜面に vib. など、ビブラートの指示がある場合もありますが、ギタリストによっては自由にビブラートさせる人もいます。
 スライド奏法
スライド奏法
音源の再生
スライド(S)はフレットからフレットへ指をすべらせて音を出すテクニックです。譜面にはSと表記されます。同じテクニックにグリッサンド(g)がありますが、グリッサンドは始まりや終わりの音が決まってないので、自分の好きなフレットまでグリッサンドします。クラシックギターではエレキギターなどと比べると、スライドする機会がないと思いますが覚えておきましょう。
 ハンマリング プリング
ハンマリング
音源の再生
ハンマリング(h)は右指で弦を弾いたら、左指で弦を叩くようにして音を出します。譜面では2小節目に2回ハンマリングが出てきています。ハンマリングはフレット1つ分か2つ分で使われることが多いです。正しくは、ハンマリングオンと言います。

プリング
音源の再生
プリング(p)は1本の弦に対し左指で2つのフレットを押さえておき、右手で弦を弾いたら音が高いほうのフレットをひっかくようにして音を出します。ハンマリングと同じくフレット1つ分か2つ分で使われることが多いです。正しくは、プリングオフと言います。スライド奏法と同じく、クラシックギターではハンマリングとプリングもそれほど使われることがないと思います。

ギターのテクニックはまだ他にもたくさんあります。もちろん個人差はありますが、僕がクラシックギターで使うことが多いテクニックはカッティングとセーハです。ギター系の楽器において、この2つは必須テクニックだと思ってます。まずは音をしっかり切るカッティングと、1本の指で複数の弦を押さえるセーハから覚えていくことをお勧めします。
右手の使い方 << 前の項目  次の項目 >> 開放弦を弾いてみる

ベースの初心者楽典♪音楽理論の基礎
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮願います。
クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者