ギターで弾くドレミには、何通りかの弾き方があります。ここでは決められた運指と押弦で、ドレミを練習していきましょう。因みに、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドを英語でCメジャースケール、日本語ではハ長調(はちょうちょう)と言うので、覚えておきましょう。

異弦同音(いげんどうおん)のドレミ

5弦3フレットから弾くドレミにタブ譜面

5弦3フレットの「ド」

5弦3フレットはドの音で、このフレットをドレミの弾き始めとすることが多いです。ドレミの最も基本的と思える押弦を表記しておいたので、先ずはそれに従いドレミを押弦してみてください。

スリーフィンガーの指

弦を弾く方の指ですが、ここでは親指のフィンガーピッキングの親指を表すP、人差し指のフィンガーピッキングの人差し指を表すi、中指のフィンガーピッキングの中指を表すmの3本を使っています。これら3本の指が、ギターにおけるスリーフィンガーの指です。スリーフィンガーは音量を揃えたり、その弾き易い運指が特徴的です。

6弦8フレットから弾くドレミにタブ譜面

6弦8フレットも「ド」

後からも指板を使い説明していますが、6弦8フレットのドの音も、5弦3フレットのドと同じ高さの音です。押弦の指も先ほどと全く同じで、フレット幅が狭くなっている分、こちらの方が弾き易い人もいるでしょう。フィンガーピッキングの親指を表すPだけで弾けたら、フィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmのアポヤンドでも練習しておきましょう。

異弦同音(いげんどうおん)を説明した指板

異弦同音(いげんどうおん)

上記両方の指板を見ても分かる通り、5弦3フレットと6弦8フレットのドの音だけなく、他の音も異なる弦で同じ音を出せます。これは異弦同音(いげんどうおん)と言われる、弦楽器の特徴の1つです。この異弦同音を覚えておけば、難しいフレーズも簡単に弾けたりします。

開放弦で弾くドレミ

開放弦で弾いたハ長調のタブ譜面

開放弦で押弦が楽チン

5弦と4弦の5フレット目は、音が高くなる隣りの開放弦、つまりは0フレット目にして弾くことが出来ます。これも先ほどの異弦同音と同じことで、開放弦が入ることにより、ハ長調も簡単に弾けます。

3弦5フレットは?

2・3小節目にある3弦5フレットですが、同じ音ではないため、2弦0フレットの開放弦に出来ません。2弦0フレットは3弦4フレットと同音で、3弦5フレットは2弦1フレットと同音です。2弦を通るハ長調も見てみましょう。

2弦0フレットで弾くハ長調のタブ譜面

押弦も変化する

ポジション移動をなくすため、弾き始めの押弦を小指にしてあります。このように、異弦同音を利用することにより、押弦にも変化が加えられることも多々あることです。ギターの異弦同音を理解するには、少しだけ時間がかかりますが、そう難しいことではないので、少しずつ覚えていきましょう。

オクターブ高いドレミ

大きな譜面を開く
オクターブ高いド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド(開放弦ナシ)のタブ譜面

ハ長調の範囲を広げる

次はハ長調の範囲を広げ、オクターブ高い1弦8フレットの、ドの音までを押弦していきましょう。ポジション移動が必要となるので、矢印のポイントでポジション移動を行ってください。4小節目までが弾けたら、5小節目からの音が下がっていく、ハ長調にも挑戦してみましょう。

大きな譜面を開く
オクターブ高いド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド(開放弦アリ)のタブ譜面

運指もギタリストによる

先ほどと同じハ長調ですが、今度は開放弦アリにしたので、運指も大きく変わります。各弦の3フレット目の指示は、ここでは小指となっていますが、薬指で押弦しても問題ありません。初心者のうちは指示の通り運指するのが無難ですが、慣れるほどに運指もギタリストにより、多少変わってくるものです。

順番を入れ替えたドレミ

大きな譜面を開く
順番を入れ替えて弾くド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドのタブ譜面

スケール練習は運指の練習

これまではストレートにドレミと弾いてきましたが、最後はドレミの順番を入れ替えたハ長調です。こういったフレーズを音楽用語で、スケール練習といいます。スケール練習の目的は、音の場所を覚えるという目的にありますが、運指押弦の練習にも最適です。

セーハの押弦スキルは絶対必要

4小節目の3弦5フレットから、2弦5フレットにかけてはセーハで押弦します。3弦5フレットを指先で押弦し、そのままの状態で、2弦5フレットを指先より下で押弦します。3弦と2弦を人差し指で操るため難しい運指ですが、セーハの押弦スキルは絶対に必要、と言って良いくらいの運指です。

このページのまとめ
  • ギターは異弦同音のフレットがある。
  • 開放弦を利用すると運指押弦も楽チン。
  • セーハの押弦は積極的に使うべし。