フィンガーピッキングとは名前の通り、指でギターの弦を弾くテクニックで、ピックで弾くよりも難易度は高いかと思われます。また、フィンガーピッキングは指ばかりではなく、爪の長さや形が重要なポイントになります。先ずはそのフィンガーピッキングについて、基本的な事を知っておきましょう。

P i m a ch

弦を弾く指の記号
弦を弾く指の記号写真

フィンガーピッキングの指

フィンガーピッキングで弾く指には、譜面に記号が表される場合もあります。それぞれ親指をフィンガーピッキングの親指を表すP、人差し指をフィンガーピッキングの人差し指を表すi、中指をフィンガーピッキングの中指を表すm、薬指をフィンガーピッキングの薬指を表すaとします。

小指では弾かない?

小指をフィンガーピッキングの小指を表すchと表しますが、小指は使わないギタリストも多いです。もちろん小指で弾いても良いですが、先ずはフィンガーピッキングの親指を表すPフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaに慣れてからが良いと思います。

P・i・m・aの指示がある小節の一例

弦を弾く基本の指

上記の2小節もそうですが、6・5・4弦をフィンガーピッキングの親指を表すPの親指で、3弦をフィンガーピッキングの人差し指を表すiの人差し指で、2弦をフィンガーピッキングの中指を表すmの中指で、1弦をフィンガーピッキングの薬指を表すaの薬指で弾く、というのが弦を弾く基本の指です。しかしこれは基本というだけで、3弦をフィンガーピッキングの親指を表すPで弾いたり、4弦をフィンガーピッキングの人差し指を表すiで弾いたりすることもあります。

アルアレイとアポヤンド

アルアレイ奏法

アルアレイは基本奏法

上記の動画のように、指で弦を弾いた後に指が空を切るようになるのが、アルアレイ奏法という弾き方です。アルアレイはフィンガーピッキングでの基本奏法とも言え、ほとんどをアルアレイで弾くことになるかと思います。

アルアレイの始動

アルアレイで弾く場合は、指は根元に近い方の第2間接から動かし始めましょう。そうすれば指先に近い第1間接は意識しなくても、自然と動いているはずです。

小指をギターのボディに置く

特にアルアレイでは小指をギターのボディに置くと、安定した弾き方になる人もいます。中には小指をギターのボディに置いて弾くというのを、注意するクラシックギターの先生もいますが、それほど気にすることもないかと思います。

アポヤンド奏法

アポヤンドは単音向き

次の動画は指で弦を弾いた後に、指を直ぐ上の弦で止めており、こういう弾き方をアポヤンド奏法と言います。アポヤンド奏法は力強い音を出すことができ、メロディを単音で弾く時などに向いている奏法です。アポヤンドは人差し指と中指を、交互に使うことが多いです。

アポヤンドの始動

アポヤンドも第2間接から動かし始めますが、第1間接は真っ直ぐに伸びた状態になるのが自然です。しかし、真っ直ぐを意識し過ぎて、指に力が入り過ぎないように気をつけましょう。

アポヤンド最中の親指

アポヤンド最中の親指ですが、6弦の上に置いたりギターのボディに触れさせておくと、アポヤンドが安定するかと思います。もちろん、親指を宙に浮かせたままでも問題ありません。また、親指でアポヤンドをする機会もあります。

指を弾く角度

指が弦に対して直角
指が弦に対して直角の写真

指は弦に対して直角

弦を弾く時の指ですが、上記の写真のように直角、つまり指を真上に弾き上げる、というのが基本です。しかしこの場合、爪の長さによっては弦に引っかかってしまい、上手く弾けないことあります。

指が弦に対して少し斜め
指が弦に対して少し斜めの写真

指に角度をつける

上の写真のように、指に少し角度をつけてやると弾き易くなるかと思います。しかし、あまり角度をつけ過ぎてしまうと、今度は音量が極端に減ってしまったり、音色が丸くなり過ぎるので注意しましょう。

手の甲から手首にかけて

手の甲はボディと平行にしてやりましょう。手首も平行でも良いですし、少し突き出してしまうくらいでも良いでしょう。

爪について

フィンガーピッキングといえば爪で弾く、というイメージが強いと思いますが、具体的には細かく3種類に分けることが出来ます。自分のプレイスタイルや、生活環境に合わせた爪を選ぶと良いでしょう。

  • 指だけで弾く

    フィンガーピッキングは爪を伸ばさなくても、指だけで弾くことも可能です。暖かく丸みのある音が特徴的ですが、弾き続けるにつれ、特に音量に不満を覚えるかと思います。

  • 爪だけで弾く

    爪だけで弾く場合は音量にも満足する他、繊細なプレイにも向いているでしょう。長い爪を必要とするので、爪の手入れや私生活が大変なことがデメリットです。

  • 指と爪の両方で弾く

    指と爪の両方で弾くというのは、先ず指先で弦を捉えてから、最後は爪で弾くという感じです。これなら長い爪は必要なく、指先側から見て2ミリ程度の爪の長さで良いでしょう。

左側を削った爪
左側を削った爪の写真

爪の形

次に爪の形ですが、指先の延長と考え指先の形と同じに丸く整えるのが基本かと思います。しかし、これも基本というだけで、僕にとって弾き易い爪の形は、写真のように爪の左側を少し削ってやった状態です。爪の形も千差万別ですが、尖った角が残るような爪の形は、あまり見られないかと思います。

親指の爪

親指の爪も同じように、指先の形と同じように丸く整える、というのが基本だと思います。僕もそうですが、親指は指先の肉厚だけで弾く人もおれば、サムピックをつけて弾く人もいます。

爪の手入れ

爪の手入れですが、爪切りだけでは不十分なので、爪やすりを2本ばかり持っておきましょう。荒い目の爪やすりで形を整え、細かい目の爪やすりで仕上げるといった感じです。爪が薄くて割れやすい人は瞬間接着剤や、化粧品コーナーで見られる爪専用の補修剤をつけると良いでしょう。

このページのまとめ
  • フィンガーピッキングはフィンガーピッキングの親指を表すPフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaを基本とする。
  • フィンガーピッキングの大半はアルアレイ奏法。
  • 爪の形は丸みを帯びさせるのが基本。