楽器を弾く指使いのことを運指(うんし)と言い、弦を押さえることを押弦(おうげん)と言います。押弦より運指の方が幅広い言い方ですが、どちらも同じ意味で使われることが多いです。ここでは弦を押さえて弾く、運指押弦の基礎練習をしていきましょう。

運指押弦の基本

6弦の2フレットから5フレットを押弦したタブ譜面

押弦のポイント

上記は6弦の2~5フレットを、指示された指で押弦するタブ譜面です。押弦はフレットの真上や、フレットから離れすぎたりせず、フレットの直ぐ近くがポイントです。また、弦は指で真上から押さえられるのも、理想的な押弦と言えるでしょう。両方を常に守るのは難しいですが、覚えておいてください。

指を広げ押弦を維持する
1小節目の6弦5フレットを弾き終えた状態の写真

押弦を維持する

写真は先ほどの1小節目の、6弦5フレットまでを弾き終えた状態です。この時は5フレットだけを小指で押弦すれば良いのですが、その他の指も6弦の押弦を維持しています。これは別に守らなくても良いですが、指を大きく広げる練習にもなるので、こういう場合は出来る限り押弦を維持してください。

力まない押弦

最初のうちは押弦する指に、力が入ってしまうのは仕方のないことです。しかし、慣れてきたら少し力を抜いてみて、押弦をしてみてください。ギターを弾くうちに、次第に握力もついてくるでしょう。

親指はネックを支え立てる
親指がネックを支え立てている写真

親指の運指

押弦をしている時ですが、親指は写真のようにネックを支えて、立てておくのが親指の運指です。そうすることによって、押弦がし易くなるからです。親指がネックを握り締める運指も、時には便利な場合もあるのですが、ネックを支えて立てておくのが、親指の運指の基本だと考えてください。

運指押弦の基礎練習

押弦する指は固定

これから練習していく運指押弦ですが、押さえるフレットは2・3・4・5フレットで、2フレットを人差し指、3フレットを中指、4フレットを薬指、5フレットを小指という具合に、押弦する指が決まっています。下の譜面ほど難しくなっているので、自分のレベルに合わせた譜面で練習してください。

弦を弾く指は自由

押弦の基礎練習なので、弦を弾く方の指は自由です。しかし、どの指を使えば良いか迷う人は、基本とされる6・5・4弦を親指のフィンガーピッキングの親指を表すPで、3弦を人差し指のフィンガーピッキングの人差し指を表すiで、2弦を中指のフィンガーピッキングの中指を表すmで、1弦を薬指のフィンガーピッキングの薬指を表すaで弾くと良いでしょう。

大きな譜面を開く
6弦の運指押弦練習タブ譜面

指を広げる運指

最初にも説明したように、1・2小節目は出来る限り、押弦を維持した運指をとりましょう。親指はネックを支えて立てる運指も忘れないでください。

大きな譜面を開く
6・5弦の運指押弦練習タブ譜面

薬指と小指の運指

2小節目のように、薬指と小指が続く押弦が、初心者のうちは最も難しいはずです。先ずは1・2小節目だけを、繰り返し練習してみるのも良いでしょう。

大きな譜面を開く
6・5・4弦の運指押弦練習タブ譜面

小指を滑らせる運指

3小節目の5弦から4弦への5フレットは、小指を器用に滑らせるように押弦しましょう。少しくらいなら、音が途切れてしまっても問題ないので、確実に押弦してください。

大きな譜面を開く
6・5・4・3弦の運指押弦練習タブ譜面

弦を飛ばしての押弦

3小節目からは隣の弦ではなく、1本分の弦を飛ばしての押弦が連続しています。最初は弦を見ながら押弦しても良いですが、最終的には弦を見ずに押弦できるようにしましょう。

大きな譜面を開く
6・5・4・3・2弦の運指押弦練習タブ譜面

真上からの押弦

最後の8小節目は6弦から2弦へと、その逆の2弦から6弦への押弦があります。押弦する弦が離れているほど、真上から押弦するのも難しくなりますが、出来るだけ真上からの押弦を心がけましょう。

大きな譜面を開く
6・5・4・3・2・1弦の運指押弦練習タブ譜面

指は開くようになる

6小節目は指の届かない人も居ると思います。そういう場合は手を動かして押弦しても良いですが、毎日の練習で指は届くようになります。最初は手が痛いと思いますが、毎日コツコツと続けましょう。

ポジション移動・フレット移動の運指押弦

手が大きく指の広がる人でも、手を動かして押弦しなければならない時もあります。その手を動かして押弦することを、ポジション移動フレット移動などと言います。最後にポジション移動を利用した、運指押弦の練習をしておきましょう。

大きな譜面を開く
ポジション移動の運指押弦練習のタブ譜面

ポジション移動に焦らない

譜面にある矢印のポイントで、ポジション移動を行いましょう。ポジション移動があると焦ってしまい、直前の音が極端に短くなってしまうこともあります。出来るだけ音符の長さだけ音を伸ばし、素早く正確なポジション移動を目指してください。

押弦する指を変えても良い

特にポジション移動のある場合、押弦する指が人によって少し異なる場合もあります。この譜面にある指示で押弦しづらかったら、他の指での押弦も試してみてください。

このページのまとめ
  • フレットの直ぐ近くを押弦する。
  • 指を立てて弦を真上から押弦する。
  • ネックを支え立てるのが親指の基本運指。