開放弦(かいほうげん)とは、フレットを押さえていない状態のことで、言い換えれば0フレットと同じことです。6弦から1弦の開放弦だけを利用して、親指・人差し指・中指・薬指で弦を弾く、フィンガーピッキングの基礎練習をしていきましょう。

フィンガーピッキングの基本事項

フィンガーピッキングで使う指を説明した指板

フィンガーピッキングで使う指

6・5・4弦を親指のフィンガーピッキングの親指を表すPで弾き、3弦を人差し指のフィンガーピッキングの人差し指を表すiで弾き、2弦を中指のフィンガーピッキングの中指を表すmで弾き、1弦を薬指のフィンガーピッキングの薬指を表すaで弾くのが、フィンガーピッキングの基本スタイルです。あくまで基本スタイルなので、例外は多々ありますが、ここでは基本通りに練習していきたいと思います。

小指で弾くこともある

フィンガーピッキングでは小指を使うこともあり、小指はフィンガーピッキングの小指を表すchと表記することが多いです。小指を使えるようになれば、演奏の幅も広がりますが、先ずはフィンガーピッキングの基本である、フィンガーピッキングの親指を表すPフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaから練習していくと良いでしょう。

フィンガーピッキングをする指を指示したタブ譜面

弦を見ないで弾く

上記の2小節を見ても分かるように、タブ譜面の近くにピッキングする指を表記してあります。フィンガーピッキングをする時に、最初は指や弦を見てしまうのも仕方ないですが、慣れてきたら弦を見ないでも、指の感覚だけで全ての弦を弾けるようになりましょう。

親指で弾く練習

大きな譜面を開く
6・5・4弦の開放弦を親指で弾く練習タブ譜面

休符は左右両手を使う

3小節ずつ区切りで考えると分かりやすく、どんどんと音数が多くなっていきます。7小節目から9小節目にかけては休符もあるので、しっかり音を止めてやりましょう。この時に弦を押さえる方の手も使えると、しっかりと音を消すことが出来ます。

サムピックで弾き易く

フィンガーピッキングの場合は、親指に指輪のような形をした、サムピックを付ける人も多いです。サムピックを付けることによって、フィンガーピッキングが全体的に弾き易くなる人もいるので、試してみるのも良いでしょう。

人差し指・中指・薬指で弾く練習

大きな譜面を開く
3・2・1弦の開放弦を人差し指・中指・薬指で弾く練習タブ譜面

フィンガーピッキングのコツは間接

指先に近い方が第1関節で、指の根元に近い方が第2間接ですが、フィンガーピッキングのコツはこの間接にあると思います。第2間接から動かし、続けるように第1間接を動かしてやると、人差し指・中指・薬指のフィンガーピッキングは上手くいくと思います。

同じ弦を連続して弾く場合のピッキングパターン

同じ弦を連続して弾く場合

同じ弦を連続して弾く場合ですが、同じ指だけを使わないこともよくあります。上記はほんの一例ですが、1小節目はフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmの交互で、これが最もピッキングしやすいでしょう。2小節目はフィンガーピッキングの薬指を表すaフィンガーピッキングの中指を表すmの交互で、これは慣れないと難しいです。3小節目はフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaフィンガーピッキングの人差し指を表すiの順番で、こういったピッキングパターンをする人もいます。基本練習が出来たら、色んな指を使うピッキングも練習しておきましょう。

アルペジオの指使いで弾く練習

大きな譜面を開く
アルペジオ指使いで開放弦を弾く練習タブ譜面

アルペジオとは?

アルペジオとはコードを一音ずつ、分散させて弾くことで、フィンガーピッキングの醍醐味といって良いでしょう。この譜面は先ず最初に6・5・4弦の低音を弾き、3・2・1弦を鳴らすアルペジオの基本パターンかと思います。7小節目からは二音同時に弾き始めているので、気をつけてください。

小指をギターのボディに置く

フィンガーピッキングの安定感を出すために、小指をギターのボディに置いて弾くという方法があります。クラシックギター専門のギタリストは、小指をボディに置いて弾くというのを、あまり好まないようですが、これでフィンガーピッキングが安定するなら、問題ないフィンガリングかと思います。

弦を同時に弾く練習

大きな譜面を開く
人差し指・中指・薬指で開放弦を同時に弾く練習タブ譜面

弦を弾く準備をする

3・2・1弦をフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaで同時に弾く時は、前もって指を弦に触れさせて、弾く準備をしておくと良いでしょう。この譜面で少し難しいのは4小節目から出てくる、異なる2弦の同時弾き3連続です。器用に指を使い分ける必要があるので、先ずはゆっくり弾いてください。

音量のバラつきに注意

3・2・1弦を同時に弾くと、最初は音量のバラつきが出るものです。音量を揃えるのは難しいことですが、なるべく3音が平均的に鳴るようにしてやりましょう。

このページのまとめ
  • フィンガーピッキング(親指以外)は第2間接から動かす。
  • 小指をギターのボディに置きながら弾いても良い。
  • 音量のバラつきをなくす。