弦を押さえることを音楽用語で押弦(おうげん)と言いますが、その押弦は人差し指・中指・薬指・小指の4本の指です。これら4本の指についての基本的なことと、押弦のポイントについて見ていきましょう。押弦をしている最中の親指も、重要な役割を担っているので知っておいてください。

押弦の記号

押弦の数字記号
押弦の記号が数字の写真

押弦の記号が数字

初心者用の譜面では、どの指で押弦をするかを表記しています。写真の示す通り1は人差し指、2は中指、3は薬指、4が小指という具合です。数字による押弦記号は、古くから使用されています。

押弦の文字記号
押弦の記号が頭文字の写真

押弦の記号が頭文字

最近の譜面では人・中・薬・小というように、頭文字で表記していることも多いです。こちらの方がタブ譜面の数字と混同することもないので、このサイトでも押弦の指示は頭文字を使用しています。

押弦の指示がある小節

押弦の指示について

先ずは指示の通りの押弦をしてみるのが無難です。しかし、人によっては押弦の指示以外の指が押さえ易い、ということも十分に考えられます。そういう場合は、無理に押弦の指示に従わずとも良いです。

押弦のポイント

2弦2フレットを押弦
2弦2フレットを押弦している写真

押弦は真上から

上記の写真は2弦2フレットを中指で押弦しています。この時に中指は3弦や1弦の、他の弦に触れないように気をつけてください。そうするには、指を立てて真上から押弦するというのがポイントで、これを押弦の基本の1つとして覚えておきましょう。

深爪にも注意

弦を押さえる指の爪は短く切って整えておく、というのが基本です。しかし、深爪にし過ぎると逆に押弦しづらくもなり、痛くなることもあるので注意しましょう。

6弦3フレットを押弦
6弦3フレットを押弦している写真

押弦はフレットの直近

今度の写真は6弦3フレットを人差し指で押弦しています。この時に人差し指はフレットの直ぐ近くを押弦しているのが分かり、これも押弦の基本の1つです。押弦がフレットの真上に重なってしまうと、正確な音が出せない場合もあるので気をつけましょう。

押弦の基本から外れる

押弦がフレットから離れすぎてしまう、というのも良くないことです。しかし手の大きさによっては、フレットの直近を押弦するのが無理な場合も多々あり、そういう時は基本から外れるのは仕方ないことです。綺麗な音が出せていれば問題なし、と割り切りましょう。

人差し指のセーハ(バレーコード)
人差し指のセーハ(バレーコード)している写真

セーハ(バレーコード)

上記の写真のように、同じフレットの弦を指一本で押さえてしまうことを、セーハバレーコードと言います。セーハやバレーコードは難しく握力も必要な押弦方法ですが、ギターを弾く上で必須スキルです。

セーハのコツ

セーハで上手く押弦できない場合は、写真にも矢印があるように、指を少しヘッド側の方向へ力を入れるようにして、押弦してみてください。指の正面でのセーハではなく、指の側面寄りでのセーハという感じです。

親指とネック

ネックを握り締める親指
親指がネックを握り締めている写真

親指でネックを握り締める

写真のように親指でネックを握り締める、という演奏方法もあり、それが効果的な場合もあります。しかし、親指でネックを握り締めてしまうと、他の指を最大限に活かすことが出来ないので、初心者のうちからは避けたいフィンガリングです。

ネックを支える親指
親指がネックを支えている写真

親指でネックを支える

今度の写真は親指をネックに立てて支えており、これを親指の使い方の基本と考えてください。初心者のうちは、親指でネックを支えながらの演奏は安定しませんが、これを続けることにより、指を大きく広げられ速く動かすことも可能にしてくれます。

このページのまとめ
  • 押弦の指示は絶対的なものではない。
  • 押弦は真上から出来るだけフレットの直近。
  • 親指はネックに立てて支えるのが基本。