クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

演奏する前に

クラシックギターの各名称

クラシックギターの付属品

クラシックギターのかまえ

クラシックギターの弦交換

クラシックギターの調弦
音楽理論

タブ譜面の読み方

クラシックギターの指板

音符と休符の種類と長さ

反復記号

音楽記号
左手と右手の基本

左手の使い方

右手の使い方

テクニック
基本練習

開放弦を弾いてみる

弦を押さえて弾いてみる

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

単音の練習曲
コード

コードの仕組み

メジャーコード

マイナーコード

セブンスコード

コードの応用

コードの練習曲
課題曲

曲を弾いてみよう

さくら

プレリュード

きらきら星

聖者の行進

カッコウ

ワルツ

ラ・クカラチャ

ドナドナ

大きな古時計
おまけ

ギター初心者ガイド

クラシックギターの教則本

ギタリストのCD

音楽理論の本
スポンサードリンク
 Cメジャースケール
音楽の授業で1度は弾いたことのあるCメジャースケールを見ていきましょう。Cメジャースケールとは、簡単に言うと「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」のことです。これを正しい左手の指使いと言えば間違いかもしれませんが、便利な指使いで弾いていきます。右手の指使いも意識してCメジャースケールを弾いていきましょう。
Cメジャースケール
音源の再生
別ウィンドウで開きます
左手の指使いは人によって違ってきますが、まずは譜面に書いてある通りの指使いで弦を押さえてみてください。薬指や小指はうまく動いてくれず弦を押さえにくいと思いますが、曲を弾く時にも薬指と小指はたくさん使います。今のうちから全ての指をまんべんなく使う練習をしておきましょう。右手の使い方も譜面の通りに出来たら、全てPで弾いてみたり、i ・m を交互に使ったりと色んなパターンを練習してみましょう。
 開放弦を利用したCメジャースケール
1つ前のページでやったギターの運指が弾けていれば、Cメジャースケールは楽に弾けると思います。でも、どうしても指が上手く開いてくれずに「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」が弾けないという人は開放弦を使って弾いてみましょう。開放弦を使うと次のようなタブ譜面になります。
開放弦を利用したCメジャースケール
音源の再生
別ウィンドウで開きます
開放弦を利用することで少しは弾きやすくなったと思います。1つ目に見たCメジャースケールとは弾く弦こそ違いますが、もちろん使っている音は同じです。曲を練習している時などにも、開放弦を使うと弾きやすくなることがあるので、開放弦を意識して練習してみてください。
 その他のCメジャースケールの弾き方T・U
同じ「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を弾くのでも、先ほどやったように開放弦を利用したり、違う弦から弾き始めてみたりと幾つかの弾き方があります。これはギターなどの弦楽器に共通して言えることです。それでは、その他のCメジャースケールの弾き方を見ていきましょう。
その他のCメジャースケールの弾き方T
音源の再生
別ウィンドウで開きます
最初の音を6弦8フレットのドから弾いてみます。指板上の音名を見てもらえば分かると思いますが、5弦3フレットと6弦8フレットの音は同じ音です。もちろん、6弦8フレットからでも「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」は弾くことができます。高いポジションなので弾きづらいと思いますが、練習しておきましょう。フレット間は狭くなっているので指は開きやすいと思います。

その他のCメジャースケールの弾き方U
音源の再生
別ウィンドウで開きます
次のCメジャースケールは2弦も使って弾いてみましょう。2弦を使った「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」なので、最初の5弦3フレットの音は小指か薬指で押さえると弾きやすくなると思います。こんな風にして、違う弾き方を覚えておけばド・レ・ミを弾くだけでなく、曲でも応用できるので覚えておきましょう。自分が1番弾きやすい運指を見つけ出してください。
 オクターブ高いCメジャースケールT・U
ギターではもう1つ高い「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」の音が出せます。これも幾つかの弾き方があるので、自分が弾きやすいポジションで練習してください。それがスラスラ弾けるようになったら、違ったポジションでも練習してみましょう。いろんな運指や右手の使い方を試してください。
オクターブ高いCメジャースケールT
音源の再生
別ウィンドウで開きます

オクターブ高いCメジャースケールU
音源の再生
別ウィンドウで開きます
繰り返しになりますが、左手と右手の使い方は譜面に書いてある通りにしなくてもかまいません。左手は人によって大きさが違うので、押さえやすい指は変わってきます。自分が使いやすい指を使ってください。ただ、全ての指を上手く使えるようにしておきましょう。右手の使い方も i ・m の交互だけではなく i ・a や m・a なども使って練習してみましょう。
 順番違いのCメジャースケール
今までは「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を順番どおりに弾いていましたが、次は順番を入れ替えてバラバラに弾いていきましょう。これをスケール練習と言い、クラシックギターに限らずピアノやサックスなど、どんな楽器でもよく練習します。スケール練習の目的は、その音階がどの音で構成されているかを把握する練習ですが、ここでは指使いのために練習してみてください。
順番違いのCメジャースケール
音源の再生
別ウィンドウで開きます
4小節目などに人差し指が連続して出てきますが、そこは人差し指によるセーハを使うと弾きやすいかと思います。スケール練習のパターンはこれだけでなく何通りもあります。こういった基本練習は退屈かもしれませんが、とても良い練習なのでギターを演奏する前の準備運動などに毎日弾くことをお勧めします。基本練習はやってやりすぎということはありません。
弦を押さえて弾いてみる << 前の項目  次の項目 >> 単音の練習曲

ベースの初心者楽典♪音楽理論の基礎
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮願います。
クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者