クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者
弦を押さえて弾いてみる

演奏する前に

クラシックギターの各名称

クラシックギターの付属品

クラシックギターのかまえ

クラシックギターの弦交換

クラシックギターの調弦
音楽理論

タブ譜面の読み方

クラシックギターの指板

音符と休符の種類と長さ

反復記号

音楽記号
左手と右手の基本

左手の使い方

右手の使い方

テクニック
基本練習

開放弦を弾いてみる

弦を押さえて弾いてみる

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

単音の練習曲
コード

コードの仕組み

メジャーコード

マイナーコード

セブンスコード

コードの応用

コードの練習曲
課題曲

曲を弾いてみよう

さくら

プレリュード

きらきら星

聖者の行進

カッコウ

ワルツ

ラ・クカラチャ

ドナドナ

大きな古時計
おまけ

ギター初心者ガイド

クラシックギターの教則本

ギタリストのCD

音楽理論の本
スポンサードリンク
 ギターの運指(うんし)
運指とはギターなど色んな楽器を演奏する時に行う指の運び方です。運指も絶対にコレと言った指使いはありませんが、無駄が少なく便利な運指方法はあります。そのためには、5本の指を思い通りに動かせる必要があります。ですが、自分の指とは言えど自由自在には動いてくれないものです。これも毎日の練習で鍛えるしかないので、コツコツやっていきましょう。

2フレットから5フレットを使った運指を練習していきます。2フレットは人差し指、3フレットは中指、4フレットは薬指、5フレットは小指で押さえることにします。この時、ネックを支えてる親指や手首を動かしてはいけません。指を出来る限り広げて、直ぐにフレットの近くを押さえられるような状態を作ってください。左手の使い方でも紹介してるように、同じ弦で音が上がっていく場合などは、1つ前のフレットを押さえたままで弾けるようになりましょう。手が小さく、どうしても指が開かない人は手を動かして素早い運指を行い、正確にフレットの近くを押さえましょう。右手の弾き方も色んな組み合わせを使い練習してみてください。
 ギターの運指−6弦
ギターの運指−6弦
音源の再生
別ウィンドウで開きます
 ギターの運指−6弦・5弦
ギターの運指−6弦・5弦
音源の再生
別ウィンドウで開きます
 ギターの運指−6弦・5弦・4弦
ギターの運指−6弦・5弦・4弦
音源の再生
別ウィンドウで開きます
 ギターの運指−6弦・5弦・4弦・3弦
ギターの運指−6弦・5弦・4弦・3弦
音源の再生
別ウィンドウで開きます
 ギターの運指−6弦・5弦・4弦・3弦・2弦
ギターの運指−6弦・5弦・4弦・3弦・2弦
音源の再生
別ウィンドウで開きます
 ギターの運指−6弦・5弦・4弦・3弦・2弦・1弦
ギターの運指−6弦・5弦・4弦・3弦・2弦・1弦
音源の再生
別ウィンドウで開きます
 ギターの運指−フレットの移動
今度は少し手首の移動を混ぜながら弦を押さえていきましょう。人によって手の大きさが違うので、押さえる指が違ってくると思います。指示されてある指で押さえづらい場合は、他の指を使ってみましょう。特に、薬指と小指で押さえる弦が違ってくる場合が多いと思います。どの指を使うにせよ、スムースな運指をしてキレイな音を出せるようにしてください。
ギターの運指−フレットの移動
音源の再生
別ウィンドウで開きます
弦を押さえる時はどうしても目で見てしまうと思います。最初は目で見て押さえるフレットを確認しつつ、ゆっくりと弾いてください。慣れてきたら目でフレットを追わず、指の感覚だけでフレットを押さえましょう。これはとても難しいことなので、たくさんの練習が必要になってきます。最初は指も思い通りに開かずイライラする時もあると思いますが、焦らずにコツコツやりましょう。
開放弦を弾いてみる << 前の項目  次の項目 >> ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

ベースの初心者楽典♪音楽理論の基礎
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮願います。
クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者