クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者
開放弦を弾いてみる

演奏する前に

クラシックギターの各名称

クラシックギターの付属品

クラシックギターのかまえ

クラシックギターの弦交換

クラシックギターの調弦
音楽理論

タブ譜面の読み方

クラシックギターの指板

音符と休符の種類と長さ

反復記号

音楽記号
左手と右手の基本

左手の使い方

右手の使い方

テクニック
基本練習

開放弦を弾いてみる

弦を押さえて弾いてみる

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

単音の練習曲
コード

コードの仕組み

メジャーコード

マイナーコード

セブンスコード

コードの応用

コードの練習曲
課題曲

曲を弾いてみよう

さくら

プレリュード

きらきら星

聖者の行進

カッコウ

ワルツ

ラ・クカラチャ

ドナドナ

大きな古時計
おまけ

ギター初心者ガイド

クラシックギターの教則本

ギタリストのCD

音楽理論の本
スポンサードリンク
 親指(P)で弾く練習
親指(P)で弾く練習
音源の再生
別ウィンドウで開きます
開放弦だけを使って右手の練習をしていきましょう。左手は弦を押さえる必要はありません。まずは親指(P)で4・5・6弦を弾く練習です。実際の曲でも親指(P)は4・5・6・弦を担当することがほとんどだと思います。他の指をボディや弦に軽く置くと弾きやすいと思います。
 人差し指(i ) 中指(m) 薬指(a)で弾く練習
人差し指(i ) 中指(m) 薬指(a)で弾く練習<
音源の再生
別ウィンドウで開きます
次は人差し指(i )・中指(m)・薬指(a)を使って開放弦を弾いてみましょう。まずは i ・m・i ・m の指使いで弾いていきましょう。弾き始めの指は i からでも m からでも弾けるようになりましょう。 i ・m・i ・m が弾けるようになったら、i ・a・i ・a を使って、m・a・m・a を使って弾いてみてください。また、ここはアルアレイ奏法・アポヤンド奏法でも弾けるようにしておきましょう。
 アルペジオの指使い
アルペジオの指使い
音源の再生
別ウィンドウで開きます
次にアルペジオの指使いを練習してみましょう。アルペジオとは和音を1音ずつ弾いて演奏することです。ギターで弾くアルペジオの基本系は、4・5・6弦を親指(P)、3弦を人差し指(i )、2弦を中指(m)、1弦を薬指(a)が担当します。どうしても目線は右手へ向いてしまうと思いますが、慣れてきたら右手を見ないで、右指の感覚だけで弦の位置をつかんでください。
 同時に弦を弾く練習
同時に弦を弾く練習
音源の再生
別ウィンドウで開きます
右手のかまえでも説明してますが、手首は固定して動かさず、指は第2関節から軽く曲げて弾けるようにしてください。また、音のバランスに注意しましょう。各指で鳴らす音が大きくなったり小さくなったりせず、どの指でも同じ音量が出せるよう心がけてください。i ・m・a を使って3弦・2弦・1弦を同時に弾く時は、a の1弦が鳴りにくい場合が多いです。やはり、3音が平均的に聴こえるよう練習しましょう。
テクニック << 前の項目  次の項目 >> 弦を押さえて弾いてみる

ベースの初心者楽典♪音楽理論の基礎
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮願います。
クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者