クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者
カッコウ

演奏する前に

クラシックギターの各名称

クラシックギターの付属品

クラシックギターのかまえ

クラシックギターの弦交換

クラシックギターの調弦
音楽理論

タブ譜面の読み方

クラシックギターの指板

音符と休符の種類と長さ

反復記号

音楽記号
左手と右手の基本

左手の使い方

右手の使い方

テクニック
基本練習

開放弦を弾いてみる

弦を押さえて弾いてみる

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド

単音の練習曲
コード

コードの仕組み

メジャーコード

マイナーコード

セブンスコード

コードの応用

コードの練習曲
課題曲

曲を弾いてみよう

さくら

プレリュード

きらきら星

聖者の行進

カッコウ

ワルツ

ラ・クカラチャ

ドナドナ

大きな古時計
おまけ

ギター初心者ガイド

クラシックギターの教則本

ギタリストのCD

音楽理論の本
スポンサードリンク
 カッコウ(メロディ) by ドイツ民謡
カッコウ(メロディ) by ドイツ民謡
音源の再生カラオケの再生
別ウィンドウで開きます
この曲も学校なんかで習ったことのある曲だと思います。4分の3拍子ですが歌を知っていれば何も難しく思うことはありません。ただ、左手の薬指と小指の使い方に戸惑うかと思います。8小節目は譜面に書いてある押さえ方をしなくても、1つ前の7小節目から人差し指のセーハをずらして押さえてもいいでしょう。音の数はそんなに多くないですが少し難しくアレンジしてしまったので、スラスラ弾けるにはかなり練習がいると思います。
 カッコウ(伴奏)
カッコウ(伴奏)
音源の再生カラオケの再生
別ウィンドウで開きます
次に伴奏を見ていきましょう。この譜面は特に難しいこともせず、よく見られる伴奏パターンだと思います。1小節目や2小節目にも見られますが、1・2・3弦の音はしっかりと切って演奏しましょう。開放弦が混ざっているので、左手だけでなく右手も使って音を切ってください。反対にベース音は伸ばせるまで音を伸ばしましょう。また、自分で伴奏パターンを作ってみてください。
聖者の行進 << 前の項目  次の項目 >> ワルツ

ベースの初心者楽典♪音楽理論の基礎
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮願います。
クラシックギター初心者入門サイト クラシックギターの初心者