クラシックギターは主にフィンガーピッキングで弾きますが、フィンガーピッキングはピック弾きで押さえるコードと、少し違う場合もあります。幾つかのメジャーコードを例に挙げ、フィンガーピッキングとピック弾きで押さえるメジャーコードを、比較しながら見ていきましょう。

C(シー・メジャー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのC(シー・メジャー)の押さえ方

C(シー・メジャー)の押さえ方

先ずはコードCです。左の指板がフィンガーピッキングの押さえ方、右の指板がピック弾きの押さえ方です。ピック弾きの場合は、4弦2フレットを中指で押さえますが、フィンガーピッキングの場合は4弦を弾かないので、中指で押さえる必要がないわけです。

開放弦は押さえないで弾く

指板にある開放弦を表す記号は開放弦を弾くことを意味しており、つまりはその弦のフレットを、どこも押さえないで弾いてやります。開放弦を表す記号がない弦に関しては、弾かないでください。

フィンガーピッキングでコードC(シー・メジャー)を練習する2小節

C(シー・メジャー)を弾く練習

フィンガーピッキングですが、5弦を親指のフィンガーピッキングの親指を表すPで、3弦を人差し指のフィンガーピッキングの人差し指を表すiで、2弦を中指のフィンガーピッキングの中指を表すmで、1弦をフィンガーピッキングの薬指を表すaで弾くのが普通ですが、これ以外のフィンガーピッキングになっても問題ありません。先ずはテンポを十分に落とし、ゆっくりと弾いていきましょう。

コードは1種類につき複数

コードの押さえ方は1種類につき1つだけとは限らず、複数あるのが普通です。ここでは最も多いメジャーコードの押さえ方で、説明していきます。

D(ディー・メジャー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのD(ディー・メジャー)の押さえ方

D(ディー・メジャー)の押さえ方

コードDはフィンガーピッキングでも、ピック弾きでも押さえるフレットは同じです。上記のように、人差し指・中指・薬指で押さえることもありますが、バレーコードを利用したコードDも、よく見られる押さえ方なので、確認しておきましょう。

フィンガーピッキングでコードD(ディー・メジャー)を練習する2小節

D(ディー・メジャー)を弾く練習

ここでのコードDの根音は4弦0フレットですが、最後は根音が5弦0フレットになっています。これは正確にはコードDではないですが、5弦0フレットはコードDの構成音にある音で、コードの構成音を根音にすることも多々あります。

E(イー・メジャー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのE(イー・メジャー)の押さえ方

E(イー・メジャー)の押さえ方

フィンガーピッキングのコードEは、3弦1フレットだけを押さえれば良いので、簡単なコードだと思います。全ての弦を弾きたければ、ピック弾きのコードEのように、4弦と5弦を薬指と中指で押さえてやりましょう。

フィンガーピッキングでコードE(イー・メジャー)を練習する2小節

E(イー・メジャー)を弾く練習

2小節目のフィンガーピッキングは、コードEを1音ずつ弾くアルペジオ奏法です。最初に親指のフィンガーピッキングの親指を表すPで、根音の4弦0フレットを弾きます。後は人差し指のフィンガーピッキングの人差し指を表すiと、中指のフィンガーピッキングの中指を表すmと、小指のフィンガーピッキングの薬指を表すaを器用に使い分けないといけないので、難しいですが、綺麗な音を出せるようにしましょう。

F(エフ・メジャー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのF(エフ・メジャー)の押さえ方

F(エフ・メジャー)の押さえ方

ギターのコードで最初に挫折するのが、このコードFだということが多いです。しかし、フィンガーピッキングのコードFだと、人差し指のバレーコードの他に、3弦2フレットを中指で押さえるだけなので、ピック弾きのコードFよりは、かなり楽に感じられるかと思います。

フィンガーピッキングでコードF(エフ・メジャー)を練習する2小節

F(エフ・メジャー)を弾く練習

フィンガーピッキングで4つの音を一緒に弾く時は、フィンガーピッキングの親指を表すPフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaの4本を使わなければいけませんが、それ以外の場合は、2弦を人差し指のフィンガーピッキングの人差し指を表すiで弾き、1弦を中指のフィンガーピッキングの中指を表すmで弾いたりしても良いです。1弦は薬指のフィンガーピッキングの薬指を表すaで弾くことが多いですが、必ずそうする必要もないでしょう。

ミュートで音を消す

音源を聴いてもらえれば分かりますが、1小節目で全ての音が一瞬だけ止まる時があります。フレットに押さえ込んでいた弦を浮かして、音を止めてやりましょう。同時にフィンガーピッキングの親指を表すPフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaの指も弦に触れさせてやり、音をしっかりと止めてやりましょう。この音を止めるテクニックを、ミュートと言います。

G(ジー・メジャー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのG(ジー・メジャー)の押さえ方

G(ジー・メジャー)の押さえ方

コードGは6弦3フレットを薬指で押さえ、1弦3フレットを小指で押さえるという、少し器用な運指をとります。これを嫌う人は小指を使わないコードGの押さえ方をする人もおり、それが押さえ易ければ問題ありません。

フィンガーピッキングでコードG(ジー・メジャー)を練習する2小節

G(ジー・メジャー)を弾く練習

1小節目の途中に中指か人差し指で、5弦2フレットを押さえる必要があります。なので、ピック弾きのコードGの押さえ方をしなければいけません。最初から押さえておいても良いですが、5弦2フレットを弾く直前に、押さえられれば良いと思います。

A(エー・メジャー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのA(エー・メジャー)の押さえ方

A(エー・メジャー)の押さえ方

上記のフィンガーピッキングの場合、2弦2フレットを中指、3弦2フレットを人差し指で押さえていますが、ピック弾きのように、2弦2フレットを薬指、3弦2フレットを中指で押さえても、何ら問題ありません。むしろその方が都合の良い時があるので、運指も臨機応変に対処していきましょう。

フィンガーピッキングでコードA(エー・メジャー)を練習する2小節

A(エー・メジャー)を弾く練習

2弦2フレットと1弦0フレットの2音を弾く時ですが、指示の通り弾こうとすると、2弦を中指のフィンガーピッキングの中指を表すmで、1弦を薬指のフィンガーピッキングの薬指を表すaとなります。薬指が入るとピッキングし辛い人は、2弦を人差し指のフィンガーピッキングの人差し指を表すiで、1弦を中指のフィンガーピッキングの中指を表すmで弾いても良いでしょう。

B(ビー・メジャー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのB(ビー・メジャー)の押さえ方

B(ビー・メジャー)の押さえ方

人差し指によるバレーコードは、5弦から1弦を押さえれば良いですが、6弦を全てバレーコードで押さえてしまうのも良いでしょう。ピック弾きのコードBは、中指で4弦4フレットを押さえますが、これはかなり難しい運指だと思います。

フィンガーピッキングでコードB(ビー・メジャー)を練習する2小節

B(ビー・メジャー)を弾く練習

2小節目の途中までは、コードBを1音ずつ弾くアルペジオですが、1音ずつがしっかりと音を出せるようにしましょう。根音である5弦2フレットの音に、他の音が乗っているということも、意識できればより良いでしょう。

このページのまとめ
  • メジャーコードは明るく楽しい響きのするコード。
  • 弾き方によっては押さえるフレットを省ける場合もある。
  • ここで紹介したメジャーコードは代表的なものだけ。