マイナーコードもメジャーコードと同様に、フィンガーピッキングとピック弾きとでは、フィンガーピッキングの方が楽に押さえられることが多いです。フィンガーピッキングとピック弾きのマイナーコードの押さえ方を、見比べながら練習していきましょう。

Am(エー・マイナー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのAm(エー・マイナー)の押さえ方

Am(エー・マイナー)の押さえ方

フィンガーピッキングの場合は3弦2フレットを中指で押さえますが、フィンガーピッキングの場合は3弦2フレット薬指で押さえ、中指は4弦2フレットを押さえる、というのが多いかと思います。

弾く弦と弾かない弦

指板にある開放弦を表す記号は開放弦を弾くことを意味しています。開放弦の開放弦を表す記号や、人差し指での押弦を表す画像中指での押弦を表す画像薬指での押弦を表す画像小指での押弦を表す画像がない弦に関しては弾かないでください。

フィンガーピッキングでコードAm(エー・マイナー)を練習する2小節

付点音符(ふてんおんぷ)

黒い点の付く音符と休符がありますが、これらを付点音符や付点休符と言い、付点がつくと音符や休符の長さが、1.5倍の長さになります。これがリズムをややこしくするので、音源をよく聴くようにしてください。

Bm(ビー・マイナー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのBm(ビー・マイナー)の押さえ方

Bm(ビー・マイナー)の押さえ方

フィンガーピッキングだと3弦4フレットを薬指で押さえますが、小指で押さえても問題ありません。そうしておく方がピック弾きの押さえ方が必要になった時も、直ぐに対応できるので良いかもしれません。

フィンガーピッキングでコードBm(ビー・マイナー)を練習する2小節

4弦もバレーコード

5弦から1弦までを人差し指の、バレーコードで押さえないといけないので、簡単には弾けないと思います。4弦は音を出さないので関係ありませんが、一緒にバレーコードで押さえ込んでしまいましょう。

Cm(シー・マイナー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのCm(シー・マイナー)の押さえ方

Cm(シー・マイナー)の押さえ方

コードCmは1つ前に説明したコードBmと、1フレット分だけ違うだけで同じ押さえ方をします。なので、コードBmが押さえられていれば、コードCmも直ぐに押さえられることになります。

フィンガーピッキングでコードCm(シー・マイナー)を練習する2小節

簡単にして弾く

1小節目の最後は5弦3フレットを弾いて終わり、2小節目の最初は又5弦3フレットから入ります。これが難しければ、先ずは1小節目の5弦3フレットを休符にして弾いてみましょう。簡単に直して弾くのも、上達に繋がる1つの方法かと思います。

Dm(ディー・マイナー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのDm(ディー・マイナー)の押さえ方

Dm(ディー・マイナー)の押さえ方

コードDmはフィンガーピッキングでもピック弾きでも、同じ押さえ方で分かり易いですが、人差し指で2弦1フレットを、小指で1弦3フレットを押さえてしまったりと、少しややこしく感じるでしょう。

根音(こんおん)

コードの中で一番低い音を根音と言います。このDmの場合は4弦0フレットの開放弦が根音となり、その他の音を支えている分けです。根音のおかげで、コードサウンドがしっかりしたものになります。

フィンガーピッキングでコードDm(ディー・マイナー)を練習する2小節

コードの構成音を根音にする

この2小節では根音が一時的に、4弦の0フレットから3フレットになっています。4弦3フレットの音がDmに含まれているので、それを一時的に根音としています。このようにコードの構成音を根音にする、ということもよくあるので覚えておきましょう。

Em(イー・マイナー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのEm(イー・マイナー)の押さえ方

Em(イー・マイナー)の押さえ方

Emのフィンガーピッキング場合は、開放弦のみで構成されているので、最も簡単なコードかと思います。6弦から1弦を一気に弾きたい場合は、ピック弾きのように5弦と4弦も押さえましょう。

フィンガーピッキングでコードEm(イー・マイナー)を練習する2小節

押さえる指は自由

この2小節でも4弦0フレットの根音を、4弦3フレットや5弦2フレットへ動かしています。押弦の指示には4弦3フレットは小指、5弦2フレットは中指となっていますが、自分が押さえ易い指を優先させてもOKです。

Fm(エフ・マイナー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのFm(エフ・マイナー)の押さえ方

Fm(エフ・マイナー)の押さえ方

フィンガーピッキングのFmは、人差し指のセーハ(バレー)だけで作れるコードです。ピック弾きをする場合も、関係のない5弦と4弦の1フレットも、押さえ込んでしまいましょう。

フィンガーピッキングでコードFm(エフ・マイナー)を練習する2小節

セーハのコツ

人差し指のセーハをする時、指の正面で押さえ込んでも良いですが、上手くいかない時もあります。そういう場合は人差し指の外側(親指側)を意識して、少しギターのナット側に向かって力を入れると、上手くセーハ出来るかもしれません。

Gm(ジー・マイナー)コード

フィンガーピッキングとピック弾きのGm(ジー・マイナー)の押さえ方

Gm(ジー・マイナー)の押さえ方

フィンガーピッキングの場合ですが、コードGmも人差し指のセーハだけで作ることが出来ます。人差し指のセーハに余裕が出来たら、ピック弾きの薬指と小指も使うGmにも挑戦してみましょう。

フィンガーピッキングでコードGm(ジー・マイナー)を練習する2小節

スタッカートで長さ半分

最後の音符には上下に黒い点があり、これは付点音符を表しているのではなく、スタッカートという音楽記号です。スタッカートは音符の長さを半分にして弾くという意味です。ただ、正確に半分にする必要はないので、大体の長さで区切ってやりましょう。

このページのまとめ
  • マイナーコードは暗く悲しい響きのするコード。
  • フィンガーピッキングだと押さえ方を省略できる場合もある。
  • マイナーコードも複数の押さえ方がある。