フィンガーピッキングとピック弾きでは、コードの押さえ方に違いが生ずる時もあり、フィンガーピッキングの方がコードの押さえ方が楽になります。何故そのような事になるのかを、先ずフィンガーピッキングで使う指を確認し、次にコードCとFを例に挙げ見ていきましょう。

コードの押さえ方の違い

フィンガーピッキングの指記号
フィンガーピッキングで使う指を表した写真

フィンガーピッキングで使う指

フィンガーピッキングで使う指ですが、フィンガーピッキングの親指を表すPの親指、フィンガーピッキングの人差し指を表すiの人差し指、フィンガーピッキングの中指を表すmの中指、フィンガーピッキングの薬指を表すaの薬指という4本の指が基本で、フィンガーピッキングで使わない小指を表すchの小指は基本から外れると思ってください。なので、フィンガーピッキングで弾くコードも、4本の弦が最大だと考えてください。

指でもピックのように弾ける

もちろんフィンガーピッキングでも、指をピックのようにしてジャカジャカ弾くことが可能です。しかしここでは、フィンガーピッキングの親指を表すPフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaの4本の指で弾くコード、ということで考えてください。

ピック弾きのコードCとFを表す指板画像

ピック弾きのCとF

上記の指板はピックでジャカジャカと弾くような、一般的なコードCとFの押さえ方です。これだと先ほども説明したように、5本以上の弦を弾かないといけないので、フィンガーピッキングでは弾けません。なので、次のような押さえ方をしてやります。

フィンガーピッキングのコードCとFを表す指板画像

フィンガーピッキングのCとF

コードCは4弦2フレットの中指での押弦を表す画像を、コードFは5弦3フレットの薬指での押弦を表す画像と、4弦3フレットの小指での押弦を表す画像を除いたのがフィンガーピッキングの押さえ方で、これだと弾く弦は4本で済みます。しかし、鳴らす音を少なくしても良いのか、という疑問を持つ人もいるでしょう。次の音名を見てください。

  • ピック
  • フィンガー
  • ピック弾きで鳴るコードCとFのフレットに記した音名
  • フィンガーピッキングで鳴るコードCとFのフレットに記した音名

コードの構成音

コードCの構成音は「C・E・G」で、それら3音が鳴っていればコードCとして成立します。なので、4弦2フレットのE音がなくなっても、1弦0フレットのE音が鳴るので良い分けです。コードFの場合も全く同じで「F・A・C」の構成音が、違う弦で鳴っていれば良いという分けです。

コードCとFの3音の音名を記した指板画像

音をもっと削る

コードCなら「C・E・G」が、コードFなら「F・A・C」が鳴っていれば良いので、上記の指板のように3音だけでもコードとして成立します。最小の3音しか鳴ってないので、音量面で物足りなさを感じますが、曲によってはこの方が良い場合もあります。

アルペジオで弾くコードCとFのタブ譜面

弾く直前に押さえる

アルペジオとはコードを1音ずつ弾く奏法で、このタブ譜面だとフィンガーピッキングで弾くにしても、ピック弾きの押さえ方が必要です。しかし、最初から一気にピック弾きの押さえ方をする必要もなく、※を弾く直前で押さえても弾くことは可能でしょう。

ピック弾きの押さえ方に移行

フィンガーピッキングの押さえ方よりも、ピック弾きの押さえ方の方が演奏の多くに対応できますが、やはり押さえ方が難しいです。なので、先ずはフィンガーピッキングの押さえ方で覚え、徐々にピック弾きの押さえ方に移行する、というのも1つの方法です。

このページのまとめ
  • フィンガーピッキングで使う指は4本が基本。
  • コードの構成音が1つでも鳴っていれば良い。
  • 少しずつピック弾きの押さえ方も覚える。