ギターのコードの押さえ方には規則性のようなものがあり、コードの種類により固定された押さえ方があります。それを覚えておくと、咄嗟にコードを押さえる時に役立つはずです。先ずはメジャーコードで詳しく見ていき、その後にマイナーコードとセブンスコードをサクサクっと見ていきましょう。

6弦の音名を基準にずれるメジャーコード

  • 押さえ方
  • 音名
  • 2種類のコードCの押さえ方の指板
  • コードCで使う音名を表した指板

メジャーコードC

上記の指板は両方ともに、フィンガーピッキングで押さえるメジャーコードCです。左の指板はよく見るメジャーコードCの押さえ方ですが、右の指板でもメジャーコードCになり、それは同じ音名を使っている事からも分かると思います。

  • 押さえ方
  • 音名
  • 2種類のコードAの押さえ方の指板
  • コードAで使う音名を表した指板

メジャーコードA

今度はフィンガーピッキングで押さえるメジャーコードのAで、やはり左右両方の指板とも同じ音名なのが分かると思います。左のメジャーコードAは恐らく最初に覚える押さえ方で、右のメジャーコードAは次いで覚える押さえ方かと思います。

  • 押さえ方
  • 音名
  • バレーコードを使ったメジャーコードCとAの指板
  • メジャーコードCとAの音名指板

押さえ方が同じフォーム

先程のバレーコードを使用した方の、メジャーコードのCとAを見比べてみましょう。音名からも押さえるフレットが違うのは分かりますが、同じフォームで押さえているのが分かります。この押さえ方は他のメジャーコードにも、当てはめてやることが出来ます。

  • F
  • F#= G
  • G
  • G#= A
  • A
  • メジャーコードF(フィンガーピッキング)の指板
  • メジャーコードF♯=G♭(フィンガーピッキング)の指板
  • メジャーコードG(フィンガーピッキング)の指板
  • メジャーコードG♯=A♭(フィンガーピッキング)の指板
  • メジャーコードA(フィンガーピッキング)の指板

ずれるメジャーコード

このメジャーコードの押さえ方を守れば、どれだけフレットをずらそうとメジャーコードになります。では、何を基準に何のメジャーコードになるのかと言えば、次のように6弦の音名が基準になります。

6弦の音名を記した指板

6弦の音名がメジャーコード

人差し指の頭で押さえる音名が、そのままメジャーコードになります。なので、6弦の音名を覚えておく必要があります。しかし、全てを覚える必要はなく、実際に使うのは8フレット辺りまででしょう。

コードの押さえ方は複数

コードの押さえ方ですが、1つのコードでも複数あるのが普通です。次も同じくメジャーコードですが、異なる押さえ方のメジャーコードで見ていきます。

5弦の音名を基準にずれるメジャーコード

  • 押さえ方
  • 音名
  • 2種類のコードCの押さえ方の指板
  • コードCで使う音名を表した指板

メジャーコードC

右の指板の押さえ方でもメジャーコードCになり、今度はこの押さえ方を中心に考えていきます。他のコードでも確認しておきましょう。

  • 押さえ方
  • 音名
  • 2種類のコードDの押さえ方の指板
  • コードDで使う音名を表した指板

メジャーコードD

左の押さえ方は、恐らく最初に覚えるメジャーコードDです。右の押さえ方でもメジャーコードDになり、先程のメジャーコードCでも見た押さえ方です。その両方を見比べてみましょう。

  • 押さえ方
  • 音名
  • 2種類のコードDの押さえ方の指板
  • コードDで使う音名を表した指板

押さえ方が同じフォーム

上記のメジャーコードCとDを見比べると、押さえるフレットは違うものの、フレットが2つ分ずれただけで、同じフォームをとっています。やはりこの押さえ方を維持すれば、他のメジャーコードに当てはめられます。

  • A#= B
  • B
  • C
  • C#= D
  • D
  • メジャーコードA♯=B♭(フィンガーピッキング)の指板
  • メジャーコードB(フィンガーピッキング)の指板
  • メジャーコードC(フィンガーピッキング)の指板
  • メジャーコードC♯=D♭(フィンガーピッキング)の指板
  • メジャーコードD(フィンガーピッキング)の指板

ずれるメジャーコード

5つの例しか挙げてませんが、どれだけずれようとメジャーコードになります。今度は何を基準に何のメジャーコードになるのかと言うと、次のように5弦の音名が基準となります。

5弦の音名を記した指板

5弦の音名がメジャーコード

これも人差し指の頭で押さえている、その時の5弦の音名がメジャーコードになります。なので、これも5弦の音名を覚えている必要があるわけです。

他のコードもずらして使える

メジャーコードを例に挙げ、ずらして使えるコードを説明してきましたが、他のコードでも同じことが可能です。次からマイナーコードとセブンスコードを、簡単に説明していきます。

ずれるマイナーコード

  • Fm
  • F#m = Gm
  • Gm
  • G#m = Am
  • Am
  • Fm(フィンガーピッキング)の指板
  • F♯m=G♭m(フィンガーピッキング)の指板
  • Gm(フィンガーピッキング)の指板
  • G♯m=A♭m(フィンガーピッキング)の指板
  • Am(フィンガーピッキング)の指板

6弦の音名が基準のマイナーコード

人差し指のバレーコードだけで作れるのが、6弦の音名が基準になるマイナーコードです。5フレットまでしか例に挙げていませんが、6フレット以降も同じ押さえ方をすればマイナーコードです。

  • A#m = Bm
  • Bm
  • Cm
  • C#m = Dm
  • Dm
  • A♯m=B♭m(フィンガーピッキング)の指板
  • Bm(フィンガーピッキング)の指板
  • Cm(フィンガーピッキング)の指板
  • C♯m=D♭m(フィンガーピッキング)の指板
  • Dm(フィンガーピッキング)の指板

5弦の音名が基準のマイナーコード

5弦の音名が基準のマイナーコードは、押さえ方に少し複雑を感じることが多いかと思います。また、人によっては薬指での押弦を表す画像で押さえるフレットを小指での押弦を表す画像に変えても良いでしょう。

ずれるセブンスコード

  • F7
  • F#7 = G7
  • G7
  • G#7 = A7
  • A7
  • F7(フィンガーピッキング)の指板
  • F♯7=G♭7(フィンガーピッキング)の指板
  • G7(フィンガーピッキング)の指板
  • G♯7=A♭7(フィンガーピッキング)の指板
  • A7フィンガーピッキング)の指板

6弦の音名が基準のセブンスコード①

このセブンスコードを押さえるのは難しく、特にF7は最もフレット幅が広いポジションなので、手の小さい人が押さえるには、かなり厳しいセブンスコードです。

  • F7
  • F#7 = G7
  • G7
  • G#7 = A7
  • A7
  • F7(フィンガーピッキング)の指板
  • F♯7=G♭7(フィンガーピッキング)の指板
  • G7(フィンガーピッキング)の指板
  • G♯7=A♭7(フィンガーピッキング)の指板
  • A7フィンガーピッキング)の指板

6弦の音名が基準のセブンスコード②

1つ前のセブンスコードに比べると、楽に押さえられるかと思います。ただ、このセブンスコードは音域が下がっているので、聞き取りにくいセブンスコードかもしれません。

  • A#7 = B7
  • B7
  • C7
  • C#7 = D7
  • D7
  • A♯7=B♭7(フィンガーピッキング)の指板
  • B7(フィンガーピッキング)の指板
  • C7(フィンガーピッキング)の指板
  • C♯7=D♭7(フィンガーピッキング)の指板
  • D7(フィンガーピッキング)の指板

5弦の音名が基準のセブンスコード①

人差し指のバレーコードさえクリアすれば、覚えやすく使いやすいセブンスコードかと思われます。手の大きさによっては、小指での押弦を表す画像薬指での押弦を表す画像に変えても良いでしょう。

  • A#7 = B7
  • B7
  • C7
  • C#7 = D7
  • D7
  • A♯7=B♭7(フィンガーピッキング)の指板
  • B7(フィンガーピッキング)の指板
  • C7(フィンガーピッキング)の指板
  • C♯7=D♭7(フィンガーピッキング)の指板
  • D7(フィンガーピッキング)の指板

5弦の音名が基準のセブンスコード②

1つ前のセブンスコードの1弦を押さえていたのが、4弦に変わったセブンスコードです。1つ前のセブンスコードより、音が控えめに感じられるかと思います。

  • B7
  • C7
  • C#7 = D7
  • D7
  • D#7 = E7
  • B7(フィンガーピッキング)の指板
  • C7(フィンガーピッキング)の指板
  • C♯7=D♭7(フィンガーピッキング)の指板
  • D7(フィンガーピッキング)の指板
  • D♯7=E♭7(フィンガーピッキング)の指板

5弦の音名が基準のセブンスコード③

B7だけ押さえる指が違いますが、もしC7からB7の流れで押さえる時などは、C7で押さえていた指を、そのままずらしてやる方が、押さえ易いと思います。

  • D#7 = E7
  • E7
  • F7
  • F#7 = G7
  • G7
  • D♯7=E♭7(フィンガーピッキング)の指板
  • E7(フィンガーピッキング)の指板
  • F7(フィンガーピッキング)の指板
  • F♯7=G♭7(フィンガーピッキング)の指板
  • D7(フィンガーピッキング)の指板

4弦の音名が基準のセブンスコード

このセブンスコードを使う機会は多くないと思いますが、6弦や5弦ばかりではなく、4弦の音名を基準にずらして使えるコードもあります。

コードの種類はたくさん

コードの種類は他にもたくさんあり、やはりそれらも、ずらして使えるものがあります。でも、それらを全て覚える必要もなく、そういうコードの押さえ方がある、というのが分かれば十分です。

このページのまとめ
  • 同じコードでも押さえ方は複数ある。
  • 同種のコードはずらして使える。
  • 最低音の音名が基準になる。