このカテゴリーの最初では、ギターのコードを見ていく前に、CメジャースケールとAマイナースケールを元に、基本的なコードの作られ方を見ていきましょう。また、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドの日本語音名と英語音名を、使い分けられるようにしておきましょう。

Cメジャースケールから作るコード

Cメジャースケールのイタリア音名と英語音名

Cメジャースケールの呼び方

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドは日本ではなく、イタリアが元になっている音名です。これを英語音名にすると、C・D・E・F・G・A・B・Cとなります。C音から始まっているので、これをCメジャースケールと言います。イタリア音名と英語音名の、両方を覚えておくと良いでしょう。

CメジャースケールのドのC音から1音ずつ飛ばした3音

コードはスケールから作る

コードはスケールの音を元に作られます。その作られ方ですが、1音ずつ飛ばして作られるのが基本です。Cメジャースケールなら、ドのC音からE音とG音が選ばれ作られます。もちろん、コードの種類によっては、隣り合う音になる場合もあります。

3音同時に弾くコードC(シー・メジャー)と1音ずつ弾くコードC

根音は最下部の音

ド・ミ・ソから作られるコードを、C(シー・メジャー)と言います。コードの弾き方ですが、コードの音を3音同時に弾く場合と、1音ずつバラして弾く場合があります。1音ずつ弾くことを主に、アルペジオと言います。また、コードの最下部の音を根音(こんおん)と言います。

ギター専用のコード

タブ譜面にもあるように、5弦3フレット・4弦2フレット・3弦0フレットを弾いてやれば、コードCになりますが、ギターには専用のコードがあります。次の2小節を見てみましょう。

コードC(シー・メジャー)を弾いた2小節

オクターブの音を重ねる

コードCは3つの音が重なって出来るコードですが、この2小節では4つの音が使われているのが分かります。これはオクターブ高い音が使われているためです。5弦3フレットはドですが、これのオクターブ高い音は2弦1フレットです。このように、ギターのコードはオクターブ高い音を重ねて、音に厚みを出して弾いてやります。

Aマイナースケールから作るコード

Aマイナースケールのイタリア音名と英語音名

Aマイナースケール

今度はAマイナースケールから考えてみましょう。AマイナースケールとCメジャースケールは、身内のような関係に当たり、使われている音も同じです。ただ、始まりの音がラのA音なので、Aマイナースケールと言います。この始まりの音を主音(しゅおん)トニックと言います

AマイナースケールのラのA音から1音ずつ飛ばした3音

根音は何の音でも良い

ここでも同じように、主音であるラのA音から始め、1音飛ばしたドのC音、そこから1音飛ばしたミのE音を選びます。また、根音になる音はどれでも良く、第二音目のシのB音を根音とするなら、レのD音とファのF音というように、1音ずつ飛ばした音となり、これも1つのコードとして成立します。

3音を同時に弾くコードAm(エー・マイナー)と1音ずつ弾くAm

根音は英語でルート

ラ・ド・ミが集まって作られるコードを、Am(エー・マイナー)と言います。コードの一番下の音は根音だと説明しましたが、根音は英語でルートとも言われるので、覚えておきましょう。

コードAm(エー・マイナー)を弾いた2小節

ルートは動く

コードAmの根音であるルートは、ラの5弦0フレットですが、ここではドの5弦3フレットや、ミの6弦0フレットも、ルートとして使われています。このように、コードの構成音をルートとして使う、ということもよくあります。

このページのまとめ
  • コードはスケールから1音ずつ飛ばして作るのが基本。
  • ギターのコードはオクターブ重ねて使う。
  • コードの最下部は根音・ルートで動かすこともある。