開放弦(かいほうげん)とは、フレットを押さえていない状態のことで、言い換えれば0フレットと同じことです。6弦から1弦の開放弦だけを利用して、親指・人差し指・中指・薬指で弦を弾く、フィンガーピッキングの基礎練習をしていきましょう。

フィンガーピッキングの基本事項

フィンガーピッキングで使う指を説明した指板

フィンガーピッキングで使う指

6・5・4弦を親指のフィンガーピッキングの親指を表すPで弾き、3弦を人差し指のフィンガーピッキングの人差し指を表すiで弾き、2弦を中指のフィンガーピッキングの中指を表すmで弾き、1弦を薬指のフィンガーピッキングの薬指を表すaで弾くのが、フィンガーピッキングの基本スタイルです。あくまで基本スタイルなので、例外は多々ありますが、ここでは基本通りに練習していきたいと思います。

小指で弾くこともある

フィンガーピッキングでは小指を使うこともあり、小指はフィンガーピッキングの小指を表すchと表記することが多いです。小指を使えるようになれば、演奏の幅も広がりますが、先ずはフィンガーピッキングの基本である、フィンガーピッキングの親指を表すPフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaから練習していくと良いでしょう。恥ずかしながら、僕はフィンガーピッキングの小指を表すchを使えません。

フィンガーピッキングをする指を指示したタブ譜面

弦を見ないで弾く

上記の2小節を見ても分かるように、タブ譜面の近くにピッキングする指を表記してあります。フィンガーピッキングをする時に、最初は指や弦を見てしまうのも仕方ないですが、慣れてきたら弦を見ないでも、指の感覚だけで全ての弦を弾けるようになりましょう。

親指で弾く練習

大きな譜面を開く
6・5・4弦の開放弦を親指で弾く練習①のタブ譜面

親指ピッキングの安定

フィンガーピッキングの親指を表すPだけで弾くのが分かっている場合、残り4本のフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaフィンガーピッキングの小指を表すchをギターのボディに置いてやると、フィンガーピッキングの親指を表すPのピッキングが安定すると思います。

大きな譜面を開く
6・5・4弦の開放弦を親指で弾く練習②のタブ譜面

休符は両手を使う

3小節目までは4分休符があります。フィンガーピッキングの親指を表すPだけで弦に触れて音を止めるのも良いですが、弦を押さえる手の方も使い、音を止められればベターです。

大きな譜面を開く
6・5・4弦の開放弦を親指で弾く練習③のタブ譜面

5弦を飛ばす感覚

8分音符になりテンポが速くなっています。その中で6弦から4弦と、その逆の4弦から6弦の、5弦を飛ばして弾くフィンガーピッキングの親指を表すPの感覚を、目で見ないでも身につけましょう。

サムピックでもOK

フィンガーピッキングの場合は、親指に指輪のような形をした、サムピックを付けて弾く人も多いです。サムピックを付けることによって、フィンガーピッキングが全体的に弾き易くなる人もいます。

人差し指・中指・薬指で弾く練習

3・2・1弦の開放弦を人差し指・中指・薬指で弾く練習①タブ譜面

指は第2関節から動かす

指の関節は指先に近い方が第1関節で、指の根本に近い方が第2関節です。アルアレイによるフィンガーピッキングの薬指を表すaフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの人差し指を表すiのフィンガーピッキングは、第2関節から意識して動かすと、第1関節は自然に曲がってきます。

アポヤンドの関節

アポヤンドの場合も指は第2関節から動かし始めますが、指を上の弦で止めた時は、指の第1関節は真っすぐに伸びている状態が普通です。詳しくはフィンガーピッキングの指についてを参照してください。

3・2・1弦の開放弦を人差し指・中指・薬指で弾く練習②タブ譜面

1弦から3弦のピッキング

隣合う弦を弾くのは割と簡単ですが、3小節目のように1弦から3弦のピッキングは難しいです。1弦のフィンガーピッキングの薬指を表すaから3弦のフィンガーピッキングの人差し指を表すiのピッキングの感覚を手に覚えこませ、やはり見ないでも弾けるようにしましょう。

3・2・1弦の開放弦を人差し指・中指・薬指で弾く練習③タブ譜面

ピッキングは力まず

テンポが速くなると、ピッキングを力んでしまうのが普通です。力み過ぎはピッキングに悪影響なので、気付いたら腕から指先にかけてリラックスし、余計な力を抜いてやると良いでしょう。

  • ①パターン
  • ②パターン
  • ③パターン
  • 同じ弦を連続して弾く場合のピッキングパターン①
  • 同じ弦を連続して弾く場合のピッキングパターン②
  • 同じ弦を連続して弾く場合のピッキングパターン③

ピッキングも十人十色

同じ弦を連続して弾く場合ですが、①のように同じ指を使う他に、②や③のように、違う指を交互にピッキングするフィンガリングもよく見られます。どのピッキングパターンが正解というのもなく、ギタリストによってピッキングも十人十色だと思います。

アルペジオの指使いで弾く練習

アルペジオの指使いで開放弦を弾く練習①のタブ譜面

アルペジオとは?

アルペジオとはコードを一音ずつ、分散させて弾くことです。この3小節ではフィンガーピッキングの親指を表すPで弾く最初の音に、残りのフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaの音が乗っているというのを意識して弾きましょう。

小指をギターのボディに置く

フィンガーピッキングの安定感を出すために、小指をギターのボディに置いて弾くという方法があります。クラシックギター専門のギタリストは、小指をボディに置いて弾くというのを、あまり好まないようですが、これでフィンガーピッキングが安定するなら、問題ないフィンガリングかと思います。

アルペジオの指使いで開放弦を弾く練習②のタブ譜面

休符の間に親指ピッキング

今度はフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaが一旦途切れますが、その休符の間にフィンガーピッキングの親指を表すPが入ってきます。そして次は先程とは順番が逆のフィンガーピッキングの薬指を表すaフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの人差し指を表すiとなり、これが意外と直ぐに弾けないかと思います。

アルペジオの指使いで開放弦を弾く練習③のタブ譜面

摘まんで弾く

最後のアルペジオはフィンガーピッキングの親指を表すPフィンガーピッキングの薬指を表すaを同時に弾いています。2本の弦を摘まんで弾く、というようなイメージを持つと良いかもしれません。

弦を同時に弾く練習

人差し指・中指・薬指で開放弦を同時に弾く練習①のタブ譜面

弦を弾く準備をする

フィンガーピッキングの親指を表すPを弾き終えたら直ぐに、フィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaを3・2・1弦に触れさせ、弾く準備を整えておくと良いでしょう。一瞬のことですが、意外と直ぐに出来るかと思います。

音量のバラつきに注意

3・2・1弦を同時に弾くと、最初は音量のバラつきが出るものです。音量を揃えるのは難しいことですが、なるべく3音が平均的に鳴るようにしてやりましょう。

人差し指・中指・薬指で開放弦を同時に弾く練習②のタブ譜面

ピッキングの組み合わせ

フィンガーピッキングのフィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaは、その中の2本だけで弾くことも多いです。難しいのが2弦を飛ばして弾く、フィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの薬指を表すaの組み合わせでしょうか。フィンガーピッキングの中指を表すmを軽く浮かしておくイメージを持つと良いでしょう。

人差し指・中指・薬指で開放弦を同時に弾く練習③のタブ譜面

音の止め方

各小節の最後で音が完全に無くなります。フィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaは1・2・3弦に触れさせ音を止めると、次に弾く準備も出来ます。弦を押さえる方の指でも、弦全体に触れて音を止めましょう。

このページのまとめ
  • フィンガーピッキングの人差し指を表すiフィンガーピッキングの中指を表すmフィンガーピッキングの薬指を表すaは指の第2間接から動かす。
  • 小指をギターのボディに置きながら弾いても良い。
  • なるべく音量のバラつきをなくす。