ソロギターの多くはメロディはもちろん、ベース音も自分で弾くのが普通です。次に伴奏ですが、伴奏はバッキングなどとも言われ、主にコードを使いメロディを引き立てる演奏のことです。このカテゴリの最初ではソロギターと伴奏について、カエルの歌を例に挙げて練習していきましょう。

カエルの歌のソロギター

大きな譜面を開く
カエルの歌(ソロギター練習タブ譜面)

押弦の指示について

タブ譜面には押弦する指を指示しています。慣れないうちは指示の通り押弦していくのが無難ですが、手の大きさによっては押弦し易い指が違ってきます。表記されている押弦で運指し辛かったら、別の指で押弦を試してみてください。

フィンガーピッキングの指

ベース音になる4・5・6弦を親指、1弦を薬指、2弦を中指、3弦を人差し指で弾くのが、最も基本的なフィンガーピッキングのスタイルです。しかし、7小節目のように同じ弦を連続して弾く場合などは、異なる指を交互に使うことも頻繁にあります。

大きな譜面を開く
カエルの歌2番(ソロギター練習タブ譜面)

ハーモニーアレンジ

次も同じカエルの歌ですが、ベース音とメロディの間にハーモニーの音を加え、音数を増やしてアレンジをしています。メロディにハモらせる音を加えることにより、ソロギターに華やかさが増しますが、当然それだけフィンガリングも難しくもなります。

テンポはゆっくりから

カエルの歌と言えど初心者には、かなり難しいソロギターです。なので、先ずはテンポを十分に落とし、ゆっくりと弾いていきましょう。そして、先ずは1小節を繰り返し練習していき、それが弾けるようになったら、次の1小節に進み、それが弾けたら2小節を合わせて弾く、という練習をお勧めします。

カエルの歌の伴奏

大きな譜面を開く
カエルの歌の伴奏コード練習タブ譜面

伴奏はコードが基本

伴奏では主に、その小節のコードの音が使われています。なので、コードの押さえ方さえ分かっていれば、自分で自由に伴奏をつけることが出来ます。ここでは分かりやすいよう、伴奏の音を大きめにしていますが、メロディの邪魔にならないよう、控えめの演奏にするのがポイントです。

カエルの歌で使われているコード
大きな譜面を開く
カエルの歌2番の伴奏コード練習タブ譜面

コードの押さえ方は複数

やはり同じカエルの歌の伴奏ですが、コードの押さえ方を大きく変えてみました。ギターコードの押さえ方ですが、1つのコードに対して複数の押さえ方が存在します。同じコードでも押さえ方を変えれば、かなり違った印象を受けると思います。コードの押さえ方に関しては、コード一覧を参照してください。

カエルの歌2番で使われているコード
このページのまとめ
  • ソロギターはメロディとベースを一人で弾く。
  • 伴奏はコードを基本に控えめな演奏にする。
  • コードの押さえ方は複数ある。