メキシコ民謡が元のラ・クカラチャは、何となく耳にしたことのある曲かと思います。ここではコードを3つだけに絞りましたが、曲調を跳ねるリズムにアレンジしているので、メロディラインを弾くのに戸惑う人が多いかと思います。因みにラクカラチャは、ゴキブリという意味です。

ラ・クカラチャのソロギター

大きな譜面を開く
ラ・クカラチャ(1小節目~9小節目)のソロギタータブ譜面

コードDを押さえる

1小節目はタブ譜に表記してある押弦でも良いですが、メロディがコードDの押弦と同じなので、最初からコードDを押さえておいても良いでしょう。また同じコードDでも、バレーコードを利用したコードDで押さえる人の方が多いかと思います。

大きな譜面を開く
ラ・クカラチャ(10小節目~18小節目)のソロギタータブ譜面

連続するピッキング

この曲で難しいのは押弦よりも、10・12小節目で見られるような、同じ弦を連続してピッキングする場合かと思います。正しいピッキングというのはないので、自分の得意な指だけを使うのも良いですし、フィンガーピッキングの人差し指を表すi(人差し指)とフィンガーピッキングの中指を表すm(中指)を順番に使うのも良いです。

ラ・クカラチャの伴奏

大きな譜面を開く
ラ・クカラチャ(1小節目~9小節目)の伴奏タブ譜面

2度目はカッコの×2を弾く

2・6小節目はカッコで×2としてありますが、これはリピート記号で戻ってきたら、2度目はカッコ×2の中を弾くという意味です。譜面の省略方法として稀に使われることがあるので、覚えておきましょう。

大きな譜面を開く
ラ・クカラチャ(10小節目~18小節目)の伴奏タブ譜面

ベース音だけの伴奏

12・16小節は他に比べると地味な伴奏で、16小節目に至ってはベース音だけしか鳴っていません。こういう伴奏が効果的な場合もあり、コードの音を全て使わないといけない、ということもありません。

このページのまとめ
  • ラ・クカラチャはメキシコ民謡でゴキブリを意味する。
  • 同じ弦を連続する時のピッキングは自由。
  • 伴奏はベース音だけになる時もある。