日本人なら誰もが一度は歌ったことのある、さくらをソロギターと伴奏で練習していきましょう。ここでのソロギターですが、ほとんどアレンジを施さず、初心者用に凄くシンプルに作ってみたので、物足りなさを感じると思いますが、その分わかり易いかと思います。

さくらのソロギター

大きな譜面を開く
さくら(ソロギター練習用タブ譜面)

押さえ方は自由

1小節目の1・2・3弦は、人差し指によるセーハで押弦すると良いでしょう。4小節目はフレット移動が必要です。テンポが遅れても良いので、先ずは正確な押弦を心がけましょう。一番の山場は5・6小節目で、難しい押弦になると思います。必ずしも指示の通りに押さえなくても良いです。

さくらの伴奏

大きな譜面を開く
さくら(伴奏練習用タブ譜面)

コードFの比較

1・2小節目の2・3弦の5フレットは、人差し指のセーハで押弦しましょう。5小節目に出てくるコードFも、セーハが必要になりますが、フィンガーピッキングのFの押さえ方なので、比較的楽に押さえられるかと思います。セーハの押弦は必須スキルの一つなので、必ず習得しておきましょう。

このページのまとめ
  • フィンガーピッキングのコードFは少し楽になる。
  • ギターにおいてセーハの押弦は必須スキル。