日本ではきらきら星として有名なこの曲は、易しく覚えやすいなメロディなので、あらゆる楽器の練習曲として使用されています。ここでもシンプルなギターアレンジをしているので、練習曲としては良いと思います。ソロギターが弾けたら、きらきら星の伴奏にも挑戦してみましょう。

きらきら星をソロギター

大きな譜面を開く
きらきら星のソロギターの譜面

セーハで押弦する

1小節目でも見られる6弦3フレットと、1弦3フレットを押弦する時は、6弦を人差し指の頭で押弦し、1弦を人差し指の根本で押弦します。これをセーハで押弦すると言い、ギターには欠かせないテクニックです。ベース音とメロディが、綺麗にハモるようにしましょう。

きらきら星の伴奏

大きな譜面を開く
きらきら星の伴奏の譜面

ベース音に乗せる

伴奏は6・5・4弦で先ずベース音を弾いておき、その上に3・2・1弦で残りのコードを乗せて弾く、というのが主な弾き方です。この伴奏スタイルは使いやすいので、覚えておくと良いでしょう。コードの押さえ方については、コード一覧を参考にしてください。

このページのまとめ
  • セーハの押弦でも綺麗な音が出せるようにする。
  • ベース音の上に音を乗せるコード弾きは使いやすい。