音を鳴らす音楽記号を音符(おんぷ)と言い、音符の種類によって音を鳴らす長さが違ってきます。それとは逆に、音を鳴らさない音楽記号を休符(きゅうふ)と言い、やはり休符の種類によって長さが違ってきます。音符と休符には幾つかの種類がありますが、ここでは代表的なものを見ていきましょう。

4分音符と4分休符

4分音符と4分休符の記号と長さ

4分音符が基準の1.0

最初に4分音符と4分休符を見ていきましょう。ここでは4分音符の長さを1.0として、基準に考えていきます。手拍子を1回打つのが4分音符1つ分と同じ、と先ずは考えてください。

4分の4拍子を説明する小節

4分の4拍子

4分音符を1拍として1小節内に4つ入る、というのが4分の4拍子というリズムです。もちろん、小節内には音符だけでなく、休符が入ることもあります。4分の4拍子が最も多く聴けるリズムなので、以下も4分の4拍子で考えていきます。

2分音符と2分休符

2分音符と2分休符の記号と長さ

2分音符は2倍の2.0

4分音符の長さを1.0とした時に、2分音符は2.0となります。2分音符は4分音符の2倍の長さになるわけです。

2分音符と2分休符のある小節

2分音符2つで満ちる

2分音符1つ分は4分音符2つ分なので、2分音符2つで小節内が満ち足ります。2小節目のように2分休符が入ることになっても、考え方は変わりません。

全音符と全休符

全音符と全休符の記号と長さ

全音符は4倍の4.0

4分音符の長さを1.0とすると、全音符(ぜんおんぷ)は4.0となります。全音符は4分音符の4倍の長さになります。

全音符と全休符のある小節

全音符1つで満ちる

全音符1つ分は4分音符4つ分に当たるので、全音符は1つで小節内が満ち足ります。2小節目は全休符で、やはりこれも1つだけで1小節が終わります。

8分音符と8分休符

8分音符と8分休符の記号と長さ

8分音符は半分の0.5

4分音符の長さを1.0とした時に、8分音符は0.5となります。8分音符は4分音符の半分の長さになるわけです。

4分音符と8分音符のリズム練習小節

4分音符と8分音符

ここからは音源も利用して、音符のリズムを耳でも聴いてみましょう。上記の2小節は4分音符と8分音符だけなので、何度か聴くうちにリズムも分かってくると思います。

連桁で繋ぐ

8分音符が2つ以上連続で続くと、通常は連桁(れんこう)という横線で繋げます。それは連桁で繋がっていない8分音符だと見辛いからです。連桁で繋げるのは8分音符だけでなく、以下で説明する16分音符などもそうです。

4分休符と8分休符のリズム練習小節

4分休符と8分休符

今度は4分休符と8分休符も入った、リズムも聴いておきましょう。休符が入ってくると、リズムを取るのにも苦労するはずです。休符も声に出して歌ってやることがポイントです。

タイ記号

タイ記号のある小節

タイ記号で結ぶ

1小節目と2小節を跨いでいるのがタイ記号です。タイ記号は同じ高さの音符同士を結び、結ばれた両方の音符の長さ分だけ音を伸ばします。上記の場合だと4分音符同士がタイ記号で結ばれているので、2分音符と同じ長さになるわけです。

タイ記号のリズム練習小節

タイ記号はリズムが複雑

タイ記号のある小節も、音源で聴いてみてください。休符に加えタイ記号が入ってくると、また一段とリズムも複雑になるので、直ぐに分からなくても問題ありません。

16分音符と16分休符

16分音符と16分休符の記号と長さ

16分音符は4分の1で0.25

4分音符の長さを1とした時に、16分音符は0.25となります。16分音符は4分音符の4分の1の長さというわけです。

16分音符のリズム練習小節

8分音符と16分音符の連桁

16分音符は単独でも出てきますが、上記のように8分音符と連桁で繋がり出てくることが多いです。先に8分音符が来ることもあれば、16分音符が先に来ることもあり、もちろんリズムも違ってきます。

16分休符のリズム練習小節

16分休符2つは8分休符1つ

16分音符と16分休符だけの、とても忙しないリズムです。16分休符2つは8分休符1つと同じことなので、連続する16分休符2つを8分休符に変えた小節にすることも出来ます。むしろ、8分休符を使った方が一般的かと思われます。

付点4分音符と付点4分休符

付点4分音符と付点4分休符の記号と長さ

付点4分音符は1.5倍

音符に付点(ふてん)がつくと、その音符の半分の長さが加わります。この付点4分音符の場合だと、4分音符に8分音符が加わっている、ということになります。付点4分休符の方も全く同じ考え方です。

付点4分音符と付点4分休符のリズム練習小節

付点音符を一旦外す

付点音符も慣れないと複雑に感じるリズムです。そういう場合は、付点4分音符はタイ記号を付点4分休符はバラして、付点4分音符と付点4分休符を使わないで表した小節にすることもでき、これでも全く同じリズムになります。

付点8分音符と付点8分休符

付点8分音符と付点8分休符の記号と長さ

付点8分音符は0.75倍

8分音符に16分音符が加わったのが付点8分音符で、8分音符よりは長く4分音符よりは短い、という少し複雑な長さです。4分音符の長さを1.0としたら、付点8分音符は0.75となります。

付点8分音符と付点8分休符のリズム練習小節

付点8分音符+16分音符

付点8分音符は1小節目のように、16分音符と連桁で繋がり出てくることが多いです。付点8分音符が先に来るか後に来るかで、リズムは大きく違ってきます。

音符と休符の種類

音符と休符の種類はまだたくさんありますが、ここで紹介したものを理解できていれば、先ず困ることはないかと思います。

このページのまとめ
  • 4分音符を基準に考えると分かり易い。
  • 先ずは音符の長さ関係が分かれば良し。
  • 付点音符は半分の長さが加わる。