クラシックギターに限らず、ギター系統の楽器にはタブラチュア譜面という、数字で表した音符があります。タブラチュア譜面を略してタブ譜面と言い、大抵の教則本や楽譜ではタブ譜面も使用されています。タブ譜面の英語表記もよく見られ、それはTABと表されます。

弦とフレット

ヘッドを左側にして寝かせたクラシックギターの写真

弦の見方

上記はヘッドを左側にして、寝かせた状態のクラシックギターの写真です。一番下が6弦で、順番に5弦・4弦・3弦・2弦と続き、一番上が1弦となります。実際にギターを弾く体勢になると6弦が一番上に来るので、まだギターを持っていない人には少しややこしいかと思います。

フレットの数え方

弦とクロスするように交わり、指板に埋まっているのがフレットです。フレットの数え方ですが、左から0フレット・1フレット・2フレット・3フレットと続いていきます。0フレットにあるのは、正確にはフレットではなくナットという部品ですが、数える時は0フレットと言います。

タブ譜面は弦とフレットから

先ずは弦とフレットの見方・数え方について説明しました。これら両方はタブ譜面の読み方と直結してくるので、必ず理解できるようになっておきましょう。

TAB譜は数字

タブ(TAB)譜面の5弦3フレット、4弦2フレット、4弦5フレット、3弦4フレットを説明する小節

TAB譜の横線は弦

TAB譜には6本の横線がありますが、これはギターの弦を表しており、一番下が6弦で一番上が1弦です。先ほども説明したように、ギターのヘッドを左側にして寝かせた状態と同じ見方です。

数字はフレット

それぞれの弦の上に数字が表記されていますが、これは何フレットかを指示するものです。ギター指板の写真でも①~④を確認していきましょう。

  • 5弦3フレットを表したギター指板
  • 4弦2フレットを表したギター指板
  • 4弦5フレットを表したギター指板
  • 3弦4フレットを表したギター指板

○弦○フレット

①は5弦3フレット、②は4弦2フレット、③は4弦5フレット、④は3弦4フレットとなります。このように弦とフレットを組み合わせて、○弦○フレットという言い方をします。

開放弦と指板

タブ(TAB)譜面の2弦1フレット、1弦0フレット(開放弦)、1弦3フレット、6弦0フレット(開放弦)を説明する小節

開放弦の0フレット

もう1小節のTAB譜を読んでいきましょう。⑥と⑧のTAB譜は0とありますが、これは0フレットのことで、フレットを押さえないで弾くことを意味します。また0フレットのことを開放弦(かいほうげん)、とも言うので覚えておきましょう。

開放弦は6本

ギターの弦は全部で6本あるので、開放弦も6本あることになります。開放弦だけでいうと、6弦の開放弦の音が一番低く、1弦の開放弦の音が一番高くなります。

  • 2弦1フレットを表したギター指板
  • 1弦0フレット(開放弦)を表したギター指板
  • 1弦3フレットを表したギター指板
  • 4弦0フレット(開放弦)を表したギター指板

○弦の開放弦

⑤は2弦1フレット、⑥は1弦0フレット、⑦は1弦3フレット、⑧は6弦0フレットです。また、⑥は1弦の開放弦、⑧は6弦の開放弦という言い方もされます。

ギター指板を絵図で表した指板(6弦0フレットの開放弦)(4弦6フレット)(3弦12フレット)(1弦18フレット)

指板の絵図

ギター指板は上記のような絵図を使って、表されることもよくあります。それでも考え方は同じで、なら6弦0フレット(6弦の開放弦)、は4弦6フレット、は3弦12フレット、は1弦18フレットといった具合です。

フレットの間隔

ギターのフレットとフレットの間隔は、右側の高音域へ進むにつれ狭くなっています。しかし、上記のように絵図になった指板は、フレットが等間隔の時が多いので気をつけてください。

このページのまとめ
  • 弦とフレットの見方・数え方はタブ譜面に直結する。
  • TAB譜は数字で表される。
  • 0フレットは開放弦とも言われる。