ギターの醍醐味と言えば複数の音を同時に鳴らし、そのハーモニーを楽しんだりするものですが、ここでは単音で曲を弾いていき、運指押弦の練習をしていきましょう。先ずは弦を弾く指の記号や、アルアレイとアポヤンドのフィンガリングについても復習しておきましょう。

弦を弾く指について

フィンガーピッキングの記号
フィンガーピッキングの記号画像

P・i・m・a・ch

弦を弾く指は親指が親指の記号、人差し指が人差し指の記号、中指が中指の記号、薬指が薬指の記号、小指が小指の記号と表されます。通常は小指の記号でのピッキングはあまり見られません。

フィンガーピッキングの基本

6・5・4弦を親指の記号、3弦を人差し指の記号、2弦を中指の記号、1弦を薬指の記号というのが最も基本的なピッキングですが、その通り弾けない事もたくさんあり、硬く守る必要はありません。

アルアレイ奏法

アルアレイは空中に浮く

弦を弾き終わった指が、空中に浮くような弾き方をアルアレイと言います。フィンガーピッキングの基本奏法とされており、複数の音をハモらせるのに適しています。

アポヤンド奏法

アポヤンドは弦で指を止める

弦を弾き終えた指が、直ぐ上の弦で止まるような弾き方をアポヤンドと言います。アルアレイに比べると、力強い音を出せるのが特徴です。親指を下の弦で止めるアポヤンドもあります。

弾き方は自由

以下で練習していくのは単音の曲なので、全体的にはアポヤンドの方が弾き易いですが、アルアレイの弾き方になっても構いません。小節によって使い分けるというのも良いでしょう。

カエルの歌

大きな譜面を開く
カエルの歌(8小節)
カエルの歌(8小節)の譜面

弾く指の切り替え

3・4小節目で弾く指を親指の記号人差し指の記号親指の記号と切り替えています。これも初心者には難しい運指なので、この部分だけを繰り返し練習するのも良いでしょう。

キラキラ星

大きな譜面を開く
キラキラ星(6小節)
キラキラ星(6小節)の譜面

指を交互に弾く

1小節目のように3弦を連続で弾く場合などは人差し指の記号中指の記号を、交互に弾くという運指もよく見られます。もちろん、どれか1本の指だけで弾き切るのも間違いではないです。

大きな栗の木の下で

大きな譜面を開く
大きな栗の木の下で(8小節)
大きな栗の木の下で(8小節)の譜面

セーハで押弦する

5小節目の2弦2フレットから3弦2フレットにかけての押弦は、2弦を人差し指の先より少し下で、3弦を人差し指の先で押弦します。こういった押弦をセーハと呼びます。

よろこびのうた

大きな譜面を開く
よろこびのうた(9小節)
よろこびのうた(9小節)の譜面

指をギターのボディに置く

ここでは親指の記号だけで弦を弾いていきますが、残りの人差し指の記号中指の記号薬指の記号小指の記号をギターのボディに軽く置いてやると、親指の記号のピッキングが安定する人もいるでしょう。

ちょうちょう

大きな譜面を開く
ちょうちょう(10小節)
ちょうちょう(10小節)の譜面

親指を弦の上に置く

今度は人差し指の記号中指の記号のツーフィンガーだけで弾きますが、親指の記号を6弦や5弦の上に置き固定させてやると、ツーフィンガーも安定したものになると思います。

荒城の月

大きな譜面を開く
荒城の月(10小節)
荒城の月(10小節)の譜面

最初の指を変えて弾く

ここでも主なピッキングは人差し指の記号中指の記号ですが、それが出来たら今度は、中指の記号人差し指の記号という順番で弾き始めてみましょう。弾き始めの指が変わっても、違和感なく弾けるようにしてください。

クラリネットをこわしちゃった

大きな譜面を開く
クラリネットをこわしちゃった(前半8小節)
クラリネットをこわしちゃった(前半8小節)

運指と手の大きさ

それぞれ3フレット目は小指で押弦していますが、手の大きい人は薬指の方が押弦し易いと思います。運指は手の大きさによっても、かなり変わってくるでしょう。

大きな譜面を開く
クラリネットをこわしちゃった(後半6小節)
クラリネットをこわしちゃった(後半6小節)

音量に注意する

11・13小節目はスタッカートの8分音符と16分音符が合体した、忙しいリズムがあります。素早くピッキングしないといけませんが、焦って音が小さくならないように気をつけましょう。

おお!ブレネリ

大きな譜面を開く
おお!ブレネリ(前半7小節)
おお!ブレネリ(前半7小節)

休符が省略されている

1小節目は8分音符がつしかありませんが、これは休符が省略されている小節と思ってください。入り方が少し難しくなるので、音源をしっかりと聴き取りましょう。

大きな譜面を開く
おお!ブレネリ(後半5小節)
おお!ブレネリ(後半5小節)

運指を鍛える

先ほどの4小節目からもそうでしたが、小指と薬指が連続する押弦は、初心者には難易度が高い運指です。他の指で代替しても良いですが、運指を鍛えるために、先ずは表記の通り練習してみてください。

記事終了
このページのまとめ
  • 単音を弾く場合は人差し指の記号中指の記号を交互に使う事が多い。
  • 単音を弾く場合はアポヤンドが適している。
  • 押弦やピッキングも人によって異なる。